This page:肌 トラブル > 発熱と発疹を伴う場合

発熱と発疹を伴う場合

肌のトラブルという場合、たいてい発疹がみられます。ただし発疹が見られたからといって皮膚疾患が原因とは限りません。特に、発疹と発熱がともに見られる場合、全身性の疾患(内臓の疾患)が疑われることがあります。

発疹と発熱という症状のほかに、次の症状がある場合は、皮膚科以外の可能性も含めて全身の症状を注意深く観察して、適切な科を受診してください。

お子さんの場合で、のどの痛みがあり、細かい赤い発疹がみられる場合は、「風疹」が疑われます。のどの痛み、鼻水があり、口粘膜に斑点がある場合は、「はしか(麻疹)」が疑われます。緊急を要します。小児科を受診します。
また、水泡とかさぶたがあり、かゆみが見られる場合、「水ぼうそう」が考えられます。高熱を発し、悪寒があり、イチゴ舌のある場合は、「猩紅熱(しょうこうねつ)」が考えられます。緊急を要します。これらはいずれも小児科を受診する必要があります。
お子さんの症状については、ご両親をはじめとする周囲の大人の方が注意してよく観察してください。

また、発疹に加え、高熱で頭痛がし、虫の刺し傷がみられる場合、「ツツガムシ病」が考えられます。このような症状がある場合は、内科または皮膚科を受診しましょう。

発疹と発熱に、手や足のしびれ、筋肉痛がある場合は、「結節性多発動脈炎」の疑いがあります。口や陰部の潰瘍、目の痛みを伴う場合は、「ベーチェット病」、さらにリンパ節の腫れがみられる場合は、「ホジキン病」が考えられます。これらは内科を受診します。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0