This page:肌 トラブル > ほくろと癌

ほくろと癌

一般に「ほくろ」と呼ばれているものは「色素性母斑(しきそせいぼはん)」です。「母斑(ぼはん)」というのは、皮膚の先天的奇形です。異常を示す細胞の種類によっていろいろな種類に分類されます。ほくろは、メラニンをつくる色素細胞の異常でおこった母斑の一種です。母斑のなかには、色素性母斑のほかに、蒙古斑(もうこはん)や太田母斑(おおたぼはん)、および扁平母斑(へんぺいぼはん)があります。

ほくろは、先天性と後天性のものがあります。生まれたときからある先天性のもので、大型でしかも濃い毛がはえているものは「先天性色素母斑」とよばれます。一方、後天性のものは2?3歳頃から次第に数がふえ、なかには生涯増え続ける人もいます。大きさは直径6?7ミリメートル以下で、褐色または黒色のドーム状の隆起です。

ほくろはじめ、母斑については多くの場合、治療の必要はありませんし、肌のトラブルといえるものかどうかも問題ですが、美容上の理由から精神的外傷を避けるために皮膚を器械でうすく削って色を薄くする方法や化粧品によって隠す方法、ドライアイス圧抵法によるレーザー治療が行われることがあります。

注意すべきほくろ「黒色腫(こくようしゅ)」
半年以内で鉛筆の太さ以上(直径7ミリメートル以上)に、急速に大きくなったほくろや、周囲が不規則で黒い色が染み出したようにみえるほくろ、あるいはしみは注意が必要です。これは癌である可能性があるからです。放置しておくと、身体中に転移してしまう危険があります。ただし、早期発見ができれば手術で完全に治る癌です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0