This page:肌 トラブル > 乾癬

乾癬

古来からさまざまな治療法がとられながらもこれといった方法がない、肌トラブルに乾癬があります。

乾癬(かんせん)とは、境界がはっきりとした紅斑(こうはん)で、表面に銀白色のフケのような皮膚片があります。この皮膚片を「鱗屑(りんせつ)」といいます。身体中、どこにでもできますが、頭、肘、膝によくみられます。大きさもさまざまです。

乾癬は、表皮の増殖が早まってできるもので、その原因は不明です。正常な皮膚の細胞は、1ヶ月に1回の割合で入れ替わります。しかし乾癬の場合、それが1週間ほどのサイクルに短くなってしまうのです。つまり細胞増殖が異常に高まっている状態です。遺伝的な体質も関与していると思われますが、家族で同じ病気になるというわけではないことから、環境的な因子によるものが大きいといえるでしょう。内臓の疾患によるものではありません。
慢性化することが多いものの、生命に危険はなく、また他人に感染することもありません。

ただし、精神的なストレスで悪化することがあります。またこすったり、日光の刺激を受けると新たに湿疹ができます。入浴時にナイロンタオルやブラシでごしごしとこすって刺激を与えることも避けましょう。

治療は医師と相談して、生活に支障がなく、手間が最小源にすむものを選びます。根気よく続ければ肌トラブルは軽くなり、自然によくなることもあります。
副腎皮質ホルモン外用薬、光化学療法、ビタミンA誘導体、ビタミンDなどが治療法、治療薬として用いられます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0