This page:バレエ 教室

バレエとは

皆さんは「バレエ」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
白鳥の湖?ピタリと身体に張り付いたレオタード?豪華なチュチュ等の衣装?バレエに興味のない方々ならばこの程度の認識かもしれませんね。
お子さんを教室に入れるにあたって、まずはバレエがどんなものなのかという基本的な知識をお伝えしたいと思います。

バレエとはヨーロッパで広まったもので、舞踊の一種です。
音楽が欠かせない要素として挙げられ、他にも美術や文学などによってできあがる舞台芸術なのです。
よって、物語性を持つものが多く、先に挙げた「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」「ロミオとジュリエット」などの作品が多くあります。
台詞がないために、バレエのダンサーには音楽を感じ取り、身体で物語を表現していく能力が求められます。
要するに、高度に様式化された身体表現がダンサーには必要なわけです。バレエ教室で、生徒たちはこの能力を少しずつ習っていきます。

とはいえ、きっと子供たちが「バレエをやりたい!」という時には、このようなことを考えているわけではありませんよね。
「かわいいチュチュが着たい!」「私も踊ってみたい!」このような気持ちで、始めることが多いはずです。
でも、この気持ちはとても大切です。バレエには歴史があり、基本的なことは変わっていませんが、そのぶん覚えることもやるべきこともとても多いのです。
そのときには、この「やりたい!」という基本姿勢がとても大切です。
この気持ちを摘み取らぬためにも、その子供にあった教室を探してあげたいものですね。

いくつかのバレエ教室に絞られてきたら、見学や体験レッスンに行きましょう。 先生の名前が冠された教室でも、その先生がいつもレッスンをしてくれるわけではありません。 そのため、教室の雰囲気や指導方針などを子供と一緒に体感しておくことは必要だと思われます。 指導が厳しい先生や、優しい先生など色々な先生がい…
実際にバレエ教室を選ぶときに、どうやって探すのかが問題ですよね。 そんなときは、「タウンページ」を活用してみてはどうでしょうか。「いまどきタウンページなんて・・・」という声もあるかもしれませんが、あなどってはいけません。 知らなかったけれども、あなたの近所にも教室があるかもしれませんし、お仕事の都合…
やはり教室に通う以上は、わが子の晴れ舞台としての発表会参加はどうしてもはずせないものです。 お友達に誘われたりして会場に足を運んだ方はおわかりになるでしょうが、保護者の方々の熱意は運動会に勝ると思われます。 舞台上でバレエを踊る3歳や4歳のかわいいお嬢さんがたのがんばりには、誰でも微笑んでしまいます…
バレエ教室に慣れないご両親でも、まず子供と一緒にプロのバレエを見てみましょう。実際に見れば、鍛え抜かれたダンサーの動き、衣装や舞台芸術の素晴らしさに何かを感じ取ることができると思います。 また、DVDなどで名作といわれる作品に触れることが今日では可能になっています。 伝説と言われたダンサーのバレエを…
バレエ教室で使われるバレエ用語というものがあります。そして、普段の生活ではなかなか使わない言葉が多数を占めます。 バレエ用語はフランス語が主なので、発音も難しく、指導者によっては英語読みをしたりする場合もあるので教室によって違いがあるでしょう。 用語を暗記するよりも、動きとあわせて覚えていく、という…
教室に行くようになったら、やはり必要なのが練習時に着る「レオタード」などですよね。 その他にも、タイツやチュチュ、レッグウォーマーや巻きスカート、レオタードの上に履く短いパンツ。 もちろんバレエシューズやポワント(つま先立ちをするためのシューズ)。 やはりバレエ専用のショップで購入する必要があります…
?であらすじは簡単すぎるほど簡単に述べましたが、白鳥の湖には様々な版がありますのでそれによって変わることも頭に入れておいてくださいね。 「白鳥の湖」は、バレエのありったけの楽しみが詰め込まれていると思います。音楽よし、振り付けよし、純情極まりない(ちょっと直情的すぎますが)恋愛譚がまたよし。 お城に…
今までバレエ教室について述べた中にあったように、バレエには台詞がありません。そのために初めての人が何も知らずに見に行くと、物語を追っていけないことがよくあります。 もちろん、真っ白な頭でバレエという芸術を「感じて」もらうこともよいことですが、あらすじを知っておいたほうがより楽しめると思います。 そこ…
バレエを見るときに、古典作品であれば特に出演者に特色があります。いずれも現代社会では考えられないものばかりです。 そのため、特色をある程度知っておかなければ、台詞がないバレエだけに物語がたどりにくくなる場合があります。 そのことを少し述べておこうと思います。 ●ヒロイン:プリマであり、主役の女性です…
チャイコフスキーの最も成功したバレエとして、今日でも全幕で上演される機会が多い作品です。 上演時間もチャイコフスキーの作品の中で最も長いですが、ただ長いだけでなく、それだけ中身がつまったものになっています。 登場するキャラクターも多く、衣装も豪華で上演には多額の費用がかかるといわれています。また、そ…
この作品が全幕で上演されることは、とてもめずらしいのです。白鳥の湖などは各バレエ団もレパートリーにしていますが、この作品はほとんど全幕では上演されません。 ドン・キホーテのグラン・パ・ド・ドゥのように、第2幕のグラン・パ・ド・ドゥがガラやコンサート、また教室で習う以上は出場したいコンクールで上演され…
この作品の魅力は、なんといっても見ていて楽しいことだと思います。 白鳥の湖やジゼルなどの悲劇的な雰囲気はまったくなく、全編に渡って明るい雰囲気に包まれています。 よって個人的にも、この作品は全編通してみていただきたいものです。 バレエ教室の発表会で、「白鳥の湖」の全幕は見たことがありますが、これは見…
この作品も、バレエ教室に行きたい!と思わせるほど憧れる作品の一つだと思われます。 原作はセルバンテスの同名小説ですが、バレエでは物語のほんの一部しか使用していません。 また、世に名曲といわれるバレエは多くありますが、この作品の音楽はなかなかCDショップには置いていないのが現状ではないでしょうか。 も…
これで作品の紹介は最後です。色々と挙げたかったのですが、絞った結果のことと思ってくださいね。 そして最後の作品として「ボレロ」を挙げたいと思います。 ラヴェルが作曲したこの曲は、小太鼓ひとつのかすかな音から始まり、徐々に楽器が加わっていきます。 全く同じ3小説のリズムパターンが延々を繰り返されるのに…
くるみ割り人形の音楽は非常に有名なので、バレエの教室に来たことのないお父さんでもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。 バレエの音楽にはこのように、バレエの音楽だとは認知されていなくても有名な音楽がたくさんあります。 また、バレエとしては上演されなくなっていても音楽だけは残っていたりするの…
「白鳥の湖」「眠れる森の美女」そして「くるみ割り人形」はチャイコフスキーの三大バレエですが、くるみ割り人形は音楽的な評価が一番高い作品になっています。 クリスマスの風物詩として愛されているこの作品は、上演頻度が高い割にバレエとしてはなかなか高い評価を受けたことがありません。 そのため、いまや各バレエ…
?でも述べましたが、上演時間が長いこの作品ですが、素晴らしく華やかなのもこの作品の特徴です。 教室の発表会でこれを全幕演じることはまずないと思われますが、もしあったとしたら衣装代など相当の出費を覚悟しないといけないでしょうね(笑) キャラクターとして主なものだけでも、まずオーロラ姫とデジレ王子、リラ…
「見る準備」などと言っても、大げさに考えることはありません。ですが、少しでも楽しくするために心得ておいたほうがいいことを少しだけ説明しておきますね。 まずは演目選びですね。初めてならば、やはり全幕ものがお勧めです。教室で自分が踊りたいものを見に行くのも良いですね。 自分が何を見たいのか、色々な情報か…
見たい作品がみつかったならば、劇場に足を運びましょう。意外なことに、日本でのバレエ団の公演はニューヨークやパリよりも多くあると言われています。 とりわけ日本の夏が外国のバレエ団の公園が多いようです。 これは外国では夏の間は劇場が閉まることが多いので、ダンサーのスケジュール調整がしやすいことが理由とし…
どんなことでも練習は必要ですよね。ピアノを習っている人ならば、練習を怠ければ音に違いが出ます。素人でもそうなのですから、プロならばなおさらです。 バレエでも同じことです。 バレエダンサーにとってレッスンは毎日の食事や睡眠と同じように、なくてはならないものです。 「1日休めば自分にわかり、2日休めば相…
「やりたい時が始め時」と大人のバレエ教室の記事で書きましたが、やはり早くから始めたほうがバレエダンサーへの道は開けます。 日本には入学年齢を定めた国立のバレエ学校がないために、6歳くらいから始める人が多いようです。 「習い事は6歳の6月6日から」という言い伝えがあるからだとも言われています。 一方日…
最近はフィギュアスケートが人気ですよね。男子も女子も、日本選手のレベルは高くなりそれにつれてフィギュア人気も高まっています。 フィギュアはスポーツでありながら表現力が問われるものであり、音楽の捉え方や柔軟の重要性などバレエとの共通点が多くあります。 今は浅田真央選手や韓国のキム・ヨナ選手が強いですが…
最近、バレエのエクササイズなどが話題になっていますがバレエダンサーはプロポーションがいいですよね! 街を歩いていても、バレエ教室に通っている人たちは共通の特徴を持っているのですぐにわかります。 もちろん、女の子ならば教室のレッスン帰りなどで髪型をシニヨンにしていたりすることもありますが、そうではなく…
バレエを観る上で、決定的だといえるのがダンサーの存在です。 その作品を誰が踊るのか、また相手役は誰なのかによって役柄の表現方法が違ってきます。 多くの作品を観ていくうちに、自分の好みのダンサーが出てくることもあるでしょう。また、「この作品ならばこの人がベストだ!」ということもあるでしょう。 それほど…
やはりバレエ音楽の王様、巨匠、と言えばチャイコフスキーが挙げられると思います。 チャイコフスキー以前のバレエの音楽家は、振付家の指示に従って作曲していくのが普通でした。バレエ音楽「専門」の作曲家だったのです。 音楽はバレエの「添え物」であったわけですね。 チャイコフスキーは自身の最初のバレエ音楽であ…
タイトルには「バレエ」と「音楽」を区切ってしまいましたが、この二つは切り離せないものです。 ですから正確には「バレエ音楽」というべきなのですが、ここでは両者の関係を記していきたいので、あえて分けて書きました。 バレエには音楽が欠かせないものです。ですが、案外このことは広く知られていません。(ダンサー…
もちろん、バレエ教室などの練習用の衣装といえば「レオタード」ですが、ここでは舞台用の衣装を見てみたいと思います。 やはりバレエと言えば「チュチュ」ですよね。女の子がバレエを始める場合は、この衣装に憧れて教室に入るということも多いのではないでしょうか。 フワフワのオーガンジーの素材で、気分はまるでお姫…
バレエ教室でレッスンをしていく最終目標はなんでしょうか?もちろん、バレエが好きでただ踊っていられればそれで良いという人もいると思います。 しかし、上達していくにつれて「自分のバレエはどこまで通用するのだろうか。」と考えるのは自然の流れでしょう。 その一つの目安としてバレエ・コンクールに出場することは…
皆さんは「バレエ」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。 白鳥の湖?ピタリと身体に張り付いたレオタード?豪華なチュチュ等の衣装?バレエに興味のない方々ならばこの程度の認識かもしれませんね。 お子さんを教室に入れるにあたって、まずはバレエがどんなものなのかという基本的な知識をお伝えしたいと思います。 バ…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0