This page:バレエ 教室 > バレエの衣装

バレエの衣装

もちろん、バレエ教室などの練習用の衣装といえば「レオタード」ですが、ここでは舞台用の衣装を見てみたいと思います。
やはりバレエと言えば「チュチュ」ですよね。女の子がバレエを始める場合は、この衣装に憧れて教室に入るということも多いのではないでしょうか。
フワフワのオーガンジーの素材で、気分はまるでお姫様ですから女の子が憧れるのも無理はありません。

このチュチュにも種類があります。これはバレエの種類とも関係してきます。

●ロマンティック・チュチュ:これはロマンティック・バレエと言われている「ジゼル」や「ラ・シルフィード」で見られますがスカートの丈が長く、裾のふんわりとしたチュチュのことです。幻想的なイメージを強調できます。

●クラッシック・チュチュ:これはロマンティック・バレエの後に出てきたクラッシック・バレエで見られる丈の短いチュチュのことです。
クラッシック・バレエはグラン・パ・ド・ドゥなどの高度な技術が要求されるものになったので、チュチュの丈も短くして踊りやすくしたものがこの形になりました。

通常の意味であれば「クラッシック」は古典という意味ですから、ロマンティック・バレエよりも以前にできたバレエのイメージがあります。
しかし、バレエにおいてはロマンティック・バレエ→クラッシック・バレエ→モダン・バレエという歴史になります。

衣装については、お母さんが手作りしている方もおられます。
世界に一つだけの衣装作りを目指してみるのもいいかもしれませんね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0