This page:バレエ 教室 > バレエ・コンクール

バレエ・コンクール

バレエ教室でレッスンをしていく最終目標はなんでしょうか?もちろん、バレエが好きでただ踊っていられればそれで良いという人もいると思います。
しかし、上達していくにつれて「自分のバレエはどこまで通用するのだろうか。」と考えるのは自然の流れでしょう。
その一つの目安としてバレエ・コンクールに出場することは良いことだと思います。
しかし、もちろん出場することだけでも容易なことではありません。コンクールにもよりますが、教室での推薦はもちろん、全国規模のものになると地区予選から始まります。
今、日本でのバレエ・コンクールはおよそ20くらい開催されているのではないでしょうか。

しかし、間違って欲しくないのは「コンクールでの入賞が最終目的ではない」ということです。
勝つためにコンクールの作品だけを練習して他の作品が踊れないダンサーなど、コンクールのためだけに頑張るダンサーがいるのです。
これはあきらかに間違っていますね。コンクールは終わりではなく、始まりにすぎないのです。

日本のコンクールのとらえ方は、「海外のコンクールへの予行演習」というようなとらえ方が多い傾向にあります。
海外ではブルガリアの「ヴァルナ国際バレエコンクール」や、スイスの「ローザンヌ国際コンクール」などが知られたコンクールです。

バレエ・コンクールは、技術だけを採点されるわけではありません。どんなに高い技術ができても、芸術として表現できなければバレエとは言えません。
ここがバレエ・コンクールの難しさだと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0