This page:バレエ 教室 > バレエダンサーのプロポーション

バレエダンサーのプロポーション

最近、バレエのエクササイズなどが話題になっていますがバレエダンサーはプロポーションがいいですよね!
街を歩いていても、バレエ教室に通っている人たちは共通の特徴を持っているのですぐにわかります。
もちろん、女の子ならば教室のレッスン帰りなどで髪型をシニヨンにしていたりすることもありますが、そうではなくて身体的な特徴で、です。
それは、やはり姿勢ではないでしょうか。バレエを習っている人たちは、みんな姿勢がよく、膝を伸ばしてさっそうと歩いているのです。
小さな顔、首から肩までのライン(これは本当に美しいですよね)、ぴんと伸びた背筋、そして細いけれども筋肉のはりつめた足。
これは長年のレッスンのたまものであり、バレエを優雅に踊るためには必要なことなのです。

バレエの動きは優雅に見えるかもしれませんが、つま先立ちでわかるようにこのような特徴的な動きを可能にするためにはありとあらゆる筋肉を鍛えることが必要です。
筋肉と言っても、マッチョな筋肉ではなく、しなやかな筋肉ですね。
長距離ランナーもそうですが、持久的な力を継続させるためにはそのようなしなやかな筋肉が必要なのです。
そして止まっているように見えるときでさえ、全身に神経がいきわたっています。
バレエはあくまでも見せる芸術ですので、観客からどのように見られているのかを常に意識する必要があります。鏡が教室にあるのも、このように姿を常にチェックする必要があるからです。

このようなレッスンをすることにより、バレエダンサーのあのプロポーションに行き着くのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0