This page:バレエ 教室 > バレエ作品「くるみ割り人形」1

バレエ作品「くるみ割り人形」1

「白鳥の湖」「眠れる森の美女」そして「くるみ割り人形」はチャイコフスキーの三大バレエですが、くるみ割り人形は音楽的な評価が一番高い作品になっています。
クリスマスの風物詩として愛されているこの作品は、上演頻度が高い割にバレエとしてはなかなか高い評価を受けたことがありません。
そのため、いまや各バレエ団ごとに異なるプロダクションがあると言っても過言ではなく、それぞれに見ごたえがあります。
この作品が上演されるクリスマスあたりには、会場がバレエ教室の子供たちでいっぱいになるという光景もよく見かけられます。

●「くるみ割り人形」あらすじ
クララはクリスマスにドロッセルマイヤーおじさんからくるみ割り人形をもらいます。その夜、寝付かれないクララはくるみ割り人形のもとへ。
すると、不思議なことにクララは人形たちを同じ大きさになってしまいます。(ここの舞台転換は見事)
ねずみの大群に襲われますが、クララの助けでねずみの王様を倒すと、くるみ割り人形は王子へと変身します。
2人は雪の世界へ。その後、美しい大きながちょうに乗ってクララは夢の世界へと舞い降ります。そこのお城で歓迎の宴が開かれ、スペインやアラビア、中国の踊りが披露されます。
また侍女たちによる花のワルツも踊られます。金平糖の精と王子が踊りますが、その後夢の世界は突然消え去りクララは全てが夢だったことを知るのでした。

クララは全編に出てくるのですが見せ場は少ないです。よって教室で配役は、金平糖の精に選ばれるほうが素晴らしいダンサーだということになります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0