This page:バレエ 教室 > バレエ作品「眠れる森の美女」1

バレエ作品「眠れる森の美女」1

チャイコフスキーの最も成功したバレエとして、今日でも全幕で上演される機会が多い作品です。
上演時間もチャイコフスキーの作品の中で最も長いですが、ただ長いだけでなく、それだけ中身がつまったものになっています。
登場するキャラクターも多く、衣装も豪華で上演には多額の費用がかかるといわれています。また、それだけの踊れるソリストをそろえる必要がありバレエ団の力量がわかる作品でもあります。
バレエ教室で、もしこの作品を発表会用にするのならば、配役には困らないのではないでしょうか。魅力的なキャラクターが多く、見所も多いですから。

●「眠れる森の美女」あらすじ
オーロラ姫が誕生し、盛大な祝いの会が行われています。妖精たちが祝うなか、招待されていないことを怒った悪の精カラボスによって、姫に死の呪いがかけられる。
最後に残ったリラの精が、カラボスの死の呪いを100年の眠りに変える法を授けました。
16歳の誕生日に、カラボスの予言どおりに姫は糸つむぎの針で指を刺して100年の眠りにつきます。リラの精により、お城全体も100年の眠りにつくのでした。
100年後、リラの精に導かれたデジレ王子は姫に口づけをして眠りはさめるのです。
結婚式では、金・銀・サファイア・ダイアモンドなどの宝石の精や、長靴をはいた猫、青い鳥などの童話の登場人物たちが2人の幸せを願うのでした。

オーロラ姫はもちろん、悪の精カラボス、リラの精、青い鳥、宝石たちとキャラクターにはことかきません。
あなたならばバレエ教室で、どの役を踊りたいでしょうか?

 

cms agent template0037/0038 ver1.0