This page:禁煙 方法 > 禁煙中の水分補給

禁煙中の水分補給

水分は人間のからだには必要不可欠なもので、健康や美容のために毎日意識して水を飲んでいる人はたくさんいます。
水分を積極的に摂ることは、便秘解消や血液をさらさらにしたり肌を美しく保ったり老廃物を効率よく排出する方法としても広く行なわれています。

タバコを吸っていた人が禁煙を始めたときにも、水分は積極的に摂ってほしいと思います。
水分を摂ることで、ニコチンの離脱症状を緩和する効果があると言われています。
毎日2リットルほどの水を飲むとよいのですが、たくさん飲めば飲むほど離脱症状がなくなるというわけではありません。
タバコを吸いたくなったり、口がさみしいと感じたときに水分を摂ってください。
このようなときは、常温ではなく冷たい水か熱いお湯を飲むほうが喫煙欲求を抑える効果があります。
また水分摂取は便秘を解消する方法としても有効です。
タバコを吸わないことで便秘になる人も多いのですが、これは今まで毎日タバコによる腸への刺激があったのに急にそれがなくなるためで、とくに意識して水を飲むとよいと思います。

ただし、水分補給に関して気をつけてほしいことがあります。
水やお茶ならよいのですが、コーヒーはなるべく避けたほうがよい、ということです。
コーヒーはタバコとの相性がよいため、コーヒーを飲むとタバコが欲しくなるというパターンが考えられます。
またカロリーのあるジュースやスポーツ飲料もあまりおすすめできません。
「禁煙したら太った」なんてことのないように、摂取する水分の内容には気をつけてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0