This page:禁煙 方法 > 禁煙開始日にすること

禁煙開始日にすること

タバコをやめる方法には、少しずつ本数を減らして最後にゼロにする減煙法と、一気にゼロにする断煙法があります。
減煙法では、あまり長い期間をかけて本数を減らしているといつまで経ってもゼロにできない、という結果になりかねませんので、最終的にゼロにする日を前もって決めてなるべく短い期間にそこまで持っていくようにしてください。

そして最終的にゼロにする日、断煙法の場合は禁煙を始めるその日にすることがあります。
まずタバコ関連グッズをすべて捨てることです。
離脱症状によりタバコが吸いたくなったとき、タバコや灰皿などを見ると、我慢することが余計につらくなってしまいます。
また離脱症状に備えて保険の1本をとっておく、なんていうこともしてはいけません。
買い置きしておいたタバコや職場の机の中、車の中、かばんの中、服のポケットなど、どこかにライターやタバコが残っていないかよく確認してください。
タバコ関連グッズを捨てるという方法により、禁煙の意思を強くさせ勇気を奮い立たせることでしょう。
次に「もうタバコは1本も吸わない」と改めて決心をしましょう。
1本だけなら・・・その1本が次の1本へとつながってしまいます。

もう吸わないという決心は大切ですが、タバコ関連グッズをすべて捨て去ってしまったら、あとは禁煙のことをあまり考えないほうがよいかもしれません。
禁煙を意識し過ぎると、我慢していることがつらくなり、時間がものすごく長く感じてしまうでしょう。
タバコグッズを捨て去る勇気があったのですから、タバコがやめられないはずがありません。
自信を持って禁煙初日を過ごしてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0