This page:禁煙 方法 > 指タバコ

指タバコ

タバコがからだに悪いとわかっていながらも、なかなかやめられないのには、タバコのニコチンに対する依存と、喫煙行為に対する精神的な依存があるためと言われています。
ニコチンに対する依存というのは、いわば中毒症状です。
禁煙できない人の中には、この中毒症状を言い訳にしてタバコに手を伸ばしている人も多くいます。
しかし実際にニコチンによる中毒症状は意外に早く、10日もあれば抜けてしまうそうです。
本当にタバコから離れられないのは精神的な依存で、「タバコを吸うとリラックスできる」「タバコを吸うと頭が冴えて仕事がはかどる」そんなふうに思い込んでいるのです。
タバコの良い点(・・・と思い込んでいる点)を信じ込み、タバコに頼ってきた習慣を変えるのが大きな不安になり、なかなか禁煙に踏み込めずにいるのです。

このニコチンと喫煙行為に対する依存を取り払うために、指タバコという方法を使っている人もいます。
禁煙を始めると、必ず喫煙欲求が起こります。
そのときに指をタバコに見立てて、指先を軽く噛んで深呼吸をするのです。
これを気持ちが落ち着くまで続けてください。
おそらく1本ずつ指を変えていっても、10本全部噛まないうちに落ち着いてくることと思います。
この方法はタバコを吸いたいという欲求を指タバコによって紛らわせる効果もありますが、なにより深呼吸することによってイライラを抑えリラックスできることが一番の効果だと思います。
まったくお金も使わずできる方法ですので、気軽な気持ちで一度試してみてはどうでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0