This page:禁煙 方法 > タバコに対するイメージを変える

タバコに対するイメージを変える

禁煙したい人は、どんな方法が効果的か日々悩んで過ごしています。
そして禁煙に成功した人の話を真剣に聞こうとします。
禁煙に成功した人は、一体どんな方法で成功したのか、聞いてみると実に人それぞれで、中には独自の禁煙法を考え出して上手くいったから本を出したいという人もいるほどです。

中にはタバコに対するイメージを自分の中で変えていった人もいます。
きっかけは身近な人をタバコのせいで亡くした、などということが多いのですが、漠然と「タバコはからだに悪いものだ」というイメージを持っていても、それは禁煙を決める前からわかっていたことであり、禁煙の方法としては効果的ではありません。
もっとタバコを断つことが生活と密着するような具体的なイメージを持つことが大切です。
たとえば「お金が煙というかたちで消えていくのはもったいない」というイメージを持って、その分のお金を貯めて、かたちのある物にして残そうとする。
また「タバコの自販機の前に行ったら終わりだ」というイメージを持って、自販機を避けて通る、タバコは絶対に買わない。
「タバコという言葉自体がイヤだ」という印象を自分に埋め込み、あえて禁煙していることも人には言わないし、「タバコをやめたからご飯がおいしくなった」などという感想も言わないようにする。
タバコというキーワードを使わない、思い出さないように過ごす。

要はタバコから遠ざかりたい、という気持ちを上手に自分の中で整理していくことが大切だということです。
無理な思い込みは、我慢というかたちで余計なストレスを生み出してしまいます。
いろいろな人の禁煙法を参考に、自分にも合った方法が見つかるとよいですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0