This page:禁煙 方法 > 喫煙の記憶の克服

喫煙の記憶の克服

「もうタバコはやめたんだ」そう言って清清しい笑顔を見せていた友人が、久しぶりに会った時には再び喫煙していた、なんていうことはありませんか?
個人差があることですが、せっかく禁煙できたのに、それが数ヶ月、数年が経った後にふとタバコが吸いたくなるときがあるのだそうです。

一般的に、禁煙を始めて1ヶ月が過ぎる頃には、からだはニコチンを求めなくなるのだそうです。
しかしタバコを吸っていたときの行動記憶が残っているため、何かのきっかけで吸いたくなるときがあると言われます。
たとえばコーヒーを飲む時には必ずいつもタバコを吸っていたりとか、通勤中の車の中では毎日欠かさず吸っていたため、コーヒーを飲むことや通勤という行動がタバコの記憶と結びついてしまうのです。
これらの行動記憶を克服する方法としては、通勤手段を変えてみたり、食後のコーヒーをやめて歯磨きをする、仕事のストレスを上手に発散させることなどがあります。
また、ジムに通ったりウォーキングを始めるなど毎日の生活に運動を取り入れる、休日にできる趣味を見つけて没頭する、などという方法も禁煙生活を続ける上で有効です。

タバコを吸っていた頃の行動記憶が末梢できるまでには3ヶ月はかかると言われますが、最初の1ヶ月を乗り越えれば禁煙成功率は高くなります。
禁煙を決めたなら、新しい自分に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的です。
今までタバコに費やしていたお金と時間を、何のために使いましょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0