This page:禁煙 方法 > 安心期を乗り切る方法

安心期を乗り切る方法

禁煙というのは、どれくらいの期間タバコを吸わずに過ごしたら成功したと言えるのでしょうか。
毎日40本も吸っていた人が、5日間まったく吸わずにいられたら、それはすごいことだと言えるでしょう。
しかし、半年や1年、2年もの間、禁煙を続けていたのに、ふとしたきっかけからまたタバコを吸い始める人もいるのです。
「もうタバコは吸いたくない」「タバコの煙に嫌悪感を覚える」という気持ちになれば、再びタバコを吸い始めることはないかもしれません。

禁煙を始めて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期になります。
「2週間もタバコをやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロールできるようになった」とつい手を伸ばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増えてしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうです。
せっかく2週間もの間、タバコから離れられたのに、もったいない話です。
この頃には、禁煙初期のような強い喫煙欲求はなくなっていることと思いますが、脳はまだニコチンを要求している状態になっています。
そのため、この時期を乗り切る方法として、食事を軽めにすることが挙げられます。
食事をたくさん摂ると、覚醒度を低下させてしまうので、タバコを吸いたいという欲求を起こしやすくなるのです。
また睡眠はしっかりとり、お酒を控えめにするのも、タバコに手を伸ばさずにこの時期を過ごす方法のひとつです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0