This page:禁煙 方法 > 減煙法

減煙法

禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法があります。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も多いと思いますが、実際は減煙法である程度本数を減らしておいてから、スパッとやめるという両方を併せた方法が効果が出やすいようです。

減煙法で禁煙する場合でも、最終的に吸わなくする日は前もって決めておきます。
そうしないと、ただ本数を減らしただけでタバコをやめられない、ということにもなりかねません。
そして自分が現在吸っているタバコを「どうしても吸いたいときのタバコ」と「なんとなく吸っているタバコ」に分けます。
そのうち「なんとなく吸っているタバコ」は完全にやめてしまいます。
次に「どうしても吸いたいとき」に順位をつけ、下位のほうからタバコをやめていきます。
そして最終的に吸わなくすると設定した日に向けて徐々に減らし、最後には完全にやめてしまいます。

本数を減らしても「あれ、思ったより平気で過ごせる」と感じ、意外とらくに禁煙できる人も結構いるのです。
なかなか禁煙が成功しないのは、「禁煙は難しい」「ものすごく苦しい思いをしないとタバコはやめられない」と思い込んでいるからかもしれません。
あるいは、禁煙しなくても済んでしまう状況であるため、甘んじているのかもしれないですね。
これが、自分自身が病気になって禁煙を余儀なくされたとか、妊娠してタバコを断ち切るきっかけができた場合は何としてでも禁煙しようと考えるでしょう。
禁煙は始めてみると、もしかしたら思っているよりずっと気楽にできることかもしれません。
「挫折したらどうしよう」などと考えていないで、まずは禁煙生活を始めてみましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0