This page:禁煙 方法 > 衝動を抑える練習

衝動を抑える練習

タバコがからだに与える悪影響は広く知られており、とくにタバコを吸わない人のからだにまでその煙が害を及ぼすため、社会的に喫煙者が容認されなくなってきています。
そんな中で、本当はタバコをやめたいと思っている喫煙者も増えているようです。

しかし一度習慣化してしまった喫煙をやめることは難しく、何かスパッと禁煙できる方法はないかと日々悩んでは試し、挫折を繰り返してますます禁煙は難しいものだと思い込んでいる人も少なくはありません。
禁煙を始めると、いつも何気なく吸っていたタバコを余計に意識するようになり、「吸いたい」という衝動にかられるようになります。
その衝動を抑えられず「1本くらいなら・・・」と吸ってしまうとそれが2本になり、3本になり、結局また喫煙生活に戻ってしまいます。

禁煙中にタバコを吸いたくなったら、その衝動を紛らわす方法として、輪ゴムを使ったものがあります。
まず手首に輪ゴムをはめて過ごし、タバコを吸いたいという衝動にかられたら、その輪ゴムを引っ張ってパチンとはじき、「今吸ってはいけない」と自分に言い聞かせます。
そうして自分の気持ちを制したあとは、4秒カウントしながら深呼吸をします。
これを、タバコが吸いたくなるたびに繰り返してください。
衝動が起きるたびに自分を制することができるようになったら、次第に衝動そのものも起きなくなってくるでしょう。

この方法が合う人もいれば、これではダメだという人もいると思いますが、吸いたい衝動を紛らわすひとつの方法として試してみてはいかがでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0