This page:禁煙 方法 > 喫煙日記

喫煙日記

禁煙したい人には、少々面倒くさい方法ですが、喫煙日記をつける方法はどうでしょうか。
これはタバコを吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものです。
これによって自分のタバコをすうことになるきっかけを調べることができます。
つまり喫煙日記をつけることは、喫煙習慣を見直すための方法と言えます。

タバコを吸うたびにノートや携帯・パソコンのメモなどに記録していくと、自分がタバコに手を伸ばすきっかけがいくつか見えてきますね。
「起床時」「通勤時」「食後のコーヒーと一緒に」「お酒を飲むとき」「電話をかけるとき」「緊張やストレスを感じたとき」「タバコを吸う人と一緒にいるとき」など、きっかけリストができたと思います。
タバコを吸うきっかけを認識することで、普段どれだけ自分が無意識のうちにタバコに手を伸ばしていたかがわかると思います。
この無意識のパターンに気付けば、同じ状況になったときに別の対処をすることでタバコに火をつけずに済むようになります。
また、リストアップされたきっかけを避けることで、それに合わせて吸っていた分のタバコを減らすことができます。

しかしそのきっかけが避けられないものであるのならば、タバコを吸う以外の対処法を考える必要があります。
「これをやればタバコはやらない」というものを見つけるのです。
食後に一服するのが習慣になっているのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、などです。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒です。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけは見えてきます。
禁煙を始める導入として、また生活を見直すつもりで、こんな方法も試してみてはどうでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0