This page:禁煙 方法 > 言葉を念じる方法

言葉を念じる方法

世の中の喫煙者のおよそ7割が禁煙したいと思っている、という調査結果があります。
それなのに、なかなかやめられない。
アメリカの保健社会福祉省の調査では、禁煙しようと挑戦した人のうち、3分の2の人が24時間後には挫折していた、という結果も出ているそうです。

逆に言えば、禁煙に成功している人も必ずいるのです。
禁煙したい人たちは「どのような方法で禁煙できたのだろう」と気になるところだと思いますが、その方法は人それぞれで、意外と「特別な方法は行なっていない」と答える人も多かったりします。
それは何かアクションを起こすのではなく、心構えをする、気持ちを入れ替える、という方法でタバコを断った成功者のことです。
「やれる」・・・誰にでもタバコをやめる力はあります。
「やってやる」・・・やめる力は持っているので、あとはやめようという意思を持つことです。
「今やる」・・・いつやめようか、迷うことは禁物、やめる力を持っているのですから、すぐにその力を発揮しましょう。

タバコをやめたいと思っていても、どこから始めたらよいのかわからずにいる人、まず「やれる」「やってやる」「今やる」という言葉を念じてみてください。
人間が習慣を変えるには、頭の中のプログラムをし直さなくてはいけません。
脳が切り替わると、自然方向へからだの反応を導いてくれます。
過去に禁煙に失敗したことがあっても、自信をなくさず、過去は過去と割り切って前を向いて進みましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0