This page:短期 ダイエット > ガルシニアに「毒性」

ガルシニアに「毒性」

ダイエットに関心をもっている人なら、「ガルシニア」という食品を、聞いたことがあるのではないでしょうか。

ガルシニアは、インドやタイなどの熱帯地域に生育する柑橘系植物です。
そして、その実に含まれている物質が、摂取したものを脂肪に変化させにくくする作用があることがわかっています。
そのことから、さまざまなダイエット食品に取り入れられています。

また、ガルシニアの産地では、日常的にガルシニアを調味料として使っているので、非常に安全性が高いと伝えられていました。
しかし、安全だとして注目されてきたガルシニアですが、厚生労働省の主催による「薬事・食品衛生審議会」で、動物実験によって毒性が見つかったと報告されたのです。
これによって、厚生労働省は関係業界に、ガルシニアを過剰に摂取するべきではない、という情報を提供する要請を決めました。

仮に、この動物実験を人間の場合に当てはめてみると、ガルシニアを含むダイエット食品の約10倍の量に当たります。
だから、私たちが購入できるような、市販のダイエット食品を少し食べ過ぎてしまっても、体に影響がすぐに現れることはほとんどないそうです。

しかし近頃では、一般的な加工食品の中にも、ガルシニアを添加する場合があります。
つまり、自分では気づかないうちに、過剰に摂取していることもあると考えられます。
ガルシニアをダイエット食品として、毎日のように摂取している人は、そのダイエット食品の注意事項をもう一度確認した方が良いですよ。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0