This page:短期 ダイエット > プチ断食のすすめ

プチ断食のすすめ

私たちの身体は、エネルギーを備蓄するために体脂肪をためようといます。
まら、体脂肪以外にも、グリコーゲンとして肝臓や筋肉にエネルギーをためています。
そして、栄養が不足した場合に、グリコーゲンなどのエネルギーを優先的に使おうとします。
だから、余分な体脂肪を減らすには、グリコーゲンなどの備蓄されたエネルギーを、まず使い切ってしまうことが先になります。
そこで、肝臓、筋肉、そして血中の栄養すべてを使い切って、最後に残された体脂肪をもっとも効率よく燃焼させるには、断食することが最適だそうです。

断食は多くの宗教で行なわれているように、精神修養にとっても大きな役割を果たします。
最近の研究からは、断食をすることで、免疫機能が増強されたり、ストレスをためにくくなったり、リラックス感を得たりする効果があることがわかっています。

ただ、長期間の断食をすると、エネルギーの供給が体脂肪では追いつかなくなり、エネルギーとして体内にあるたんぱく質、つまり筋肉が使われてしまいます。
そうなると、筋肉が落ちてしまい、リバウンドの原因となるので、2日以上の断食は行わないようにしましょう。

おすすめの断食のやり方は、1日目が断食の準備日、2日目が断食本番、3日目が復帰の日、と3日間で段階的に行う断食法です。
この方法なら健康を損なうこともないですし、金曜日に準備をして、土曜日は断食を行い、日曜日は復帰、と週末を利用すれば、毎週行なうことができてとても効果的です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0