This page:顧客満足度 向上 > 飲食店における顧客満足度の向上方法 その2

飲食店における顧客満足度の向上方法 その2

料理を予約したのにもかかわらず、オーダーストップの時間をどうしても過ぎてしまうとお客様から電話がありました。
数人のお客様のために従業員全員を残業させるわけにも行きません。
ここではどのように対応することで顧客満足度を向上させたらよいのでしょうか?

このようなケースでは、冷たくお断りするのではなく「お待ちしておりますので、どうぞお気をつけてお越し下さい。」とお答えします。
調理場としては当然、料理を仕上げて帰ってしまうかもしれませんね。
ですが、サービス員だけは残ってあげることをお勧めします。

何時間も過ぎるようでは困りますが、30分から1時間程度でしたら、簡単に店じまいの準備だけして、お客様の到着を待ってあげることが良いサービスだと思います。
サービス員でもご飯やお味噌汁くらいは温かいものをお出しできますよね。

ここで大切なことはお客様がわざわざ電話を入れてきたことです。
それは予約したのだからという責任感か、またはそこのレストランでどうしても食事をしたいか、様々理由が考えられます。
そんなお客様のことを第一に考えてみれば、こちらは待ってあげて、簡単なサービスをして差し上げるべきだと思います。
ご自分のために残ってサービスをしてくれたと気づけば、顧客満足度も向上するに違いありません。
ですがここはあまり恩を着せるような言動は避け、普段と変わらず、サービスすることも大切です。

ただし、ホテルのレストランなどの場合、ホテル自体の門限があることが多いです。
いくらお客様が電話で連絡してきたと言っても時と場合によります。
酔って夜遅くいらっしゃって他のお客様のご迷惑になりそうでしたら、それは臨機応変に毅然とした態度で対応することをお勧めします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0