This page:顧客満足度 向上 > 飲食店における顧客満足度の向上方法 その7

飲食店における顧客満足度の向上方法 その7

飲食店でサービスの向上によって顧客満足度をアップしようと思ったら、サービスの平等というものを忘れたほうがいいこともあります。

すべてのお客様に対して平等に公平にサービスしなければならないものでしょうか。

実はサービスに差をつけ、特別扱いすることによって顧客満足度を向上させることもあるのです。

例えばこのような事例です。
男女のお客様がいらっしゃったら女性だけ椅子を引いてさしあげる。
男性側からしてみれば女性を大事にしてくれる良いレストランだと思います。
女性側からしても私の方だけ椅子を引いてくれたという特別扱いされたことで嬉しく思います。

会社の接待でレストランをご利用なさっているお客様の場合は、これを実行する良い機会です
接待されている側を迅速に判断し、こちらも更に上級のサービスするように努めます。
まずは上座に案内したり、椅子を引くことから始まり、料理や飲み物を先に出すことや、会計のチェックを近くに出さないことなど、考えてみても沢山あるはずです。
こうしたサービスをお店側がしますと、接待している側も、この店は気が利いたサービスをしていると喜んでもらえるはずです。
接待される側は、取引先とレストランとダブルでサービスされるのですから気持ちも良いことでしょう。
商談もうまく行くに違いありません。
このようなことで感謝されれば顧客満足度も向上するわけです。

記念日、誕生日などケーキを注文された方には何か特別にサービスしてさしあげましょう。
言葉をかけてあげてもよいですね。
こうして従業員も「このお客様は特別だ!」と思い、普段よりさらにサービスしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0