This page:顧客満足度 向上 > 飲食店における顧客満足度の向上方法 その9

飲食店における顧客満足度の向上方法 その9

お客様に何も言われなくても、事前に取り皿を準備したほうが喜ばれる良い事例があります。

2人のお客様がそれぞれのお食事をオーダーしました。
最初に運んだ料理をお客様が中央に移動させて相手にもどうぞと言う雰囲気です。
料理はそれぞれ1人前ずつ頼んだとしても、このことは明らかに2人で少しずつ食べようと言う風に見えますね。
このようなケースでは「よろしければ取り皿をお使いください。」と言って取り皿とお箸を一緒にお出しします。

このケースは結構ありますので、スマートにサービス出来た場合、とても気が利く店だと喜ばれます。
ただその時に気をつけたいことがあります。

それは「取り皿を下さい」とお客様に先に言わせないこと。
これはもう言われたことをするだけでサービスとは言えませんね。

または料理を運んだときに自分から「取り皿をお使いになりますか?」とお客様に聞いてしまうことです。
ここが顧客満足度を向上させる大事なポイントなのですが、サービス員がお客様に尋ねて出すのでは、これは普通のサービスでお客様を感動させられません。
何も言わないところがこの店のサービスが上級だとお客様に思わせるのです。

これはプロ意識です。
お客様も「取り皿が欲しいな」とまだ思っていないかもしれません。
ですがあったら便利なのは当然ですから、そこを先に考えてサービスするのです。
このサービスも迅速が重要となってきますので取り皿を出しやすいところにストックしておくのは当然のこととなります。

お子様連れのお客様には子供用のナイフとスプーンなどを言われる前にお出しする。
これもやっているうちに自然と身に付くサービスです。
こうしてお客様が思う前に、言う前に、お出しできるものは迅速にサービスすることによって顧客満足度を向上させることが出来ます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0