This page:顧客満足度 向上 > 待たせても顧客満足度を向上させる その3

待たせても顧客満足度を向上させる その3

お客様に仕方なく、行列に並んで頂き、長くお待ち頂きながらも、顧客満足度を向上させるには、まずサービスの価値が高いことがあげられます。
サービスの価値、それが高いほどお客様は長い時間を我慢できるのです。

例えば、大好きなスターに会うためなら徹夜して並ぶファンもいるでしょう。
思いが強ければ強いほど、並ぶ時間を苦痛に思わないのです。

ですから行列が出来るほど価値の高いサービス、または商品を提供し続けることが大切です。
人気が出てきて繁盛してきたレストランの味が落ちたという話はよくあります。
そう言われないためにも日々、精進しましょう。

商品、またはサービスの価値が高いからと言って、お客様をあまりに長く行列に並ばせて待たせてしまうことは危険です。
そのお客様の満足度が下がることはもちろん、さらにそのサービス、または商品を買うことをやめてしまいます。
よってお店の売上が下がります。

では、あなたがレストランに食事に出かけて、そのお店があなたのお気に入りだとしても、食事が出てくるまでの時間、ただただ退屈に感じながら1時間も待たされたらどうでしょうか?
いくらお気に入りでおいしいメニューがあったとしても、もう行かないでしょうね。
さらに友人知人にこのことを話しませんか?
それが悪評になり、周囲に広がります。
それによって顧客満足度が下がり、会社の利益に悪影響を及ぼします。

行列のお客様の苦情を減らすのは、いかに待ち時間を短く感じさせることが出来るか、それが勝負です。
何かしらの工夫により待ち時間の退屈を紛らわせ、残りの待ち時間を明確にお知らせする、そんなスタッフの心がけでも、顧客満足度が向上します。
お客様をただ漠然と待たせるよりは、そのお店に対する印象もぐっとよくなります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0