This page:人手不足 職種 > 千葉県の漁業は人手不足

千葉県の漁業は人手不足

このところ景気の悪化の影響で雇用の数が少なくなっています。
それに伴い働きたくても働けない人が増加しています。
日々、ニュースで聞くことも多いですからこれは社会問題にもなっていますね。
派遣社員が切られたり新入社員の数を減らしたりと企業もあの手この手で生き残ろうとしているのですから仕方のないことかもしれませんが。

そうかと言って、実はすべての職業が働き手を減らしたがっているのかと言えば実はそうではないようです。

人手不足で困っている職種が日本には、まだまだあることをご存知でしょうか。
例えば漁業です。

私の住んでいる千葉県は広く海に面していて海側のどこの町でも漁業が盛んです。
そうした千葉県と千葉県漁業協同組合連合会(通称は県漁連と言います)は、ホームページを通じて求人情報を発信し始めました。
千葉県内の漁業、または県内の水産加工業を中止とした求人情報です。
人手不足を解消しようとインターネットの力を借りたわけです。

千葉県内の漁業現場は常に人手不足であることはあまり知られていない事実かもしれません。
高齢化に伴い跡継ぎのいない漁師さんも沢山いるようです。
その方々が漁師をやめてしまったら、漁業に携わる人がこの先ぐんと減ってくるに違いありません。

千葉県水産課は不況の中でも「やる気のある人材を確保したい!」また「漁業会は人手不足を解消する大きなチャンスだ!」と話しています。
確かに働き手が余ってしまっている現在、新しい職種にチャレンジしてみようと言う人も少なくないでしょうね。
会社員だった人が漁師になるという転向もあるのでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0