This page:人手不足 職種 > 医療業界の人手不足

医療業界の人手不足

現在、日本では医師不足と言われています。
職種としては医療業界が全体的に人手不足だそうです。
ニュースでは産婦人科や小児科が減り困っていると報道されています。
これは本当のことなのでしょうか。

日本赤十字社が全国で運営している病院が92あります。
そのうちのおよそ8割の76病院を調べた結果、全部合計で614人の医師が不足しているというデータがあります。

昔からお医者さんは憧れの職業だったはず、なぜ今、病院が人手不足なのでしょうか?
医療制度改革に原因があるとも言われていますがまた他にも理由があると思います。

よく聞く話では、ここ数年、病院では人件費削減が続いているそうです。
昇給がなく、賞与も減る傾向にあるということです。

この不景気で一般企業も人件費削減をしているところも多いと思いますが病院が同じようなことをしたら、どうなるでしょうか。
お医者さんもまた病院に勤務する看護師さんも命を預かる大事なお仕事ですよね。
病院に勤務する人の中には技術の向上に努力している人もいるでしょう。
人件費を削減するということは、そうした医療従事者の勉強や向上心にストップをかけてしまうようなものです。

意識が低下すれば医療事故の心配も出てきます。
事故を起こせば裁判になります。
医者という職種もそうしたマイナス面を考えればなり手も減ってきて当然、人手不足になります

産人科医師不足はさらに深刻な問題ですね。
産婦人科を廃業する病院が増えているそうです。
今よりもう少し医療関係者を優遇して、お仕事をがんばっていただきたい。
人手不足の職種に医者が含まれるようでは安心できません。
安心して子供を生むことが出来る社会にして欲しいものですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0