This page:人手不足 職種 > 介護職の人手不足

介護職の人手不足

人手不足の職種として介護関係もよくあげられています。
これからますます高齢化社会になっていくにもかかわらず、介護に携わる人が減っていることは私たちにとってとても深刻な問題です。

こうした介護職の人手不足はその低賃金や介護労働が重労働であることが原因なのでしょうか。
介護という職種を、「働き甲斐のある職種」にして行かないと、この先もっと大変になってしまうでしょう。

介護福祉士、ホームヘルパーという職業、介護保険事業関係など介護職全体で120万人います。
これは介護保険制度が開始された2000年から増加していましたが、この先、まだまだ人手不足だと言われています。

しかし、介護常用労働者の有効求人倍率はここ数年では1、2倍ほどでと、全職種の平均有効求人倍数より高いのです。
数字からもわかるように実際に介護業界は人手不足です。

問題の1つである低賃金ですが介護職の月給平均はおよそ20万円ほどです。
特別養護老人ホームで平均23、4万円ほど。
訪問介護は18、5万円と同じ介護でもその職種によって差は出てきていますが、全産業の平均月給33万円に比べたら介護の月給が低いことがよくわかります。

こうした低賃金を介護事業者はどう考えているのでしょうか。
実は介護報酬というものは低いので、企業としての収入が多くないため、その結果、給料を上げられない事実があります。
介護報酬を上げたらいいと簡単に思う人もいるでしょう。
ですがそれは結果的に保険料を値上がりさせてしまうのでとても難しいのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0