This page:人手不足 職種 > 飲食業界の人手不足2

飲食業界の人手不足2

人手不足の時代と言われている職種、飲食業界ですが、その中でも人材で困ったことのない企業ももちろんあります。
日経レストランで有名な居酒屋「てっぺん」。
その社長、大嶋氏も、人材で困ったことがないそうです。
またリクルート出身であり、携帯電話を介した飲食業に向けての人材採用サービスをしているキイストン。
この細見昇市社長は、現在の人手不足と言われているなかにも採用の方法はいくらでもあると話しています。
例えばどのような方法があるでしょうか。
店舗を持っているのならその存在を大いに活用することです。
例えば店内にアルバイト募集ポスターを貼ること。
レジにも「アルバイト募集中」の言葉を目立たせておくこと。
ウエブサイトで募集を公開しそのURLを書いたチラシをおいておくこと。

この方法で1日にも何百人の客数があるお店でしたら、その中の1%しか、問い合わせがなくても数人になりますね。
お客さんとしてその店に行ったことがあるのならば、知らない見たこともないお店で働くより興味は持てると思います。
ですからこの方法は確実かもしれませんね。

人材採用を手掛ける企業の話によりますと人材確保できるかどうかは最終的には、その企業の経営者自身がどれほどの熱い思いを持っているかによると言います。
経営者と話をする機会があるなら、これから就職しようと思っている人には、とてもよい機会だと言えます。
その経営者の熱意が大きければ大きいほど、その会社で働きたいと思うでしょう。
職種によっての人手不足解消はその経営者にかかっていると言っても過言ではありません。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0