This page:人手不足 職種 > 時給と人手不足の関係

時給と人手不足の関係

アルバイト、パートなど、または派遣社員の平均時給が最低水準まで落ちてきたというデータがあります。
求人情報を提供している各社が調査を開始してから、現在がもっとも低い水準まで落ち込んでいます。

アルバイトの時給は平均で950円前後です。
派遣社員は時給平均1600円を下回りました。

アルバイトの定番といわれる飲食店、または販売、サービス業の時給が下げられているのです。
それに加え工場などで働く技術系の職種や事務職なども時給は下げられています。
不況の中、企業は人件費の削減に力を入れていると言えます。

飲食、販売、サービスの職種は人手不足と言われ続けていますね。
人手不足でしたら時給を上げて人材確保に動き出す企業が増えてもよいと思います。
ですが、どうして時給が上がらないのでしょうか。

働き手は時給が減っても我慢して働くしかないと言います。
アルバイトの時給の引き下げは当面、続く予定です。
飲食店、販売やサービス業などもアルバイトの時給を下げています。

某百貨店のアルバイト募集の詳細を見ますと交通費込みの時給になっているのもしばしば見かけます。
売り場、催事によりその時給に差をつけることによって時給の引き下げにつなげています。

人手不足と言われている職種がどこも時給が下がったかと言えばそうではありません。
慢性的に人手不足な介護関係の時給は、2008年11月以降は3か月連続の上昇を見せています。
さらに2009年4月には介護報酬のアップも予定されています。

景気悪化が続く昨今、人員削減が正社員に対して行われている企業も多いなか、アルバイト、パートでなんとか食いつなぐ人は増加しています。
ですから時給が減っても辛抱して働く人が増えてしまうのは当然のことなのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0