This page:人手不足 職種 > 埼玉県での人手不足の職種

埼玉県での人手不足の職種

埼玉県内で人手不足で困っている職種があります。
それは林業です。
林業は高齢化などで常に人手不足の状態にあります。
埼玉県森づくり課では下記のようにコメントをし、人材を募集しています
まずは臨時で挑戦してみること、その後、正規の職員になるかもしれない、将来的には林業に定着してもらいたいと話しています。

一方、埼玉県の農業ではどうでしょうか。
2009年2月にさいたま市中央区で就農支援セミナーが開かれます。
会場となるのは県新都心ビジネス交流プラザです。
こうして無料のセミナーを開催し人材確保にあたっています。

セミナーは以前にも農業に関心のある人に向けて実施してきました。
ですが今回は、埼玉県内の農業生産法人である2社が参加します。
農家の継承者ではなく社員として農業を行うのですから収入に左右されることなくお給料は安定しているわけです。
ここでは給料制で働く農業の正社員を6人、そしてパート14人を募集しました。
セミナー会場ですぐ面接してくれるのもポイントです。
そして雇用の条件がマッチしたらそのまま採用する方針です。

県農業支援課のデータによると埼玉県内で新規に農業を始めた人、平成19年9月?平成20年8月で242人です。
以前の平成16年度と比べるとなんと、53人増えています
過去5年は増加している傾向です。

こうして農業に携わる人は増加の傾向にあるので、林業もぜひ続いて欲しいものです。
林業の人手不足解消の策としてチェーンソー講習会も行われています。
問い合わせ先は木材製造業労働災害防止協会埼玉県支部です。
林業という職種は特別なものと思われがちですが、このような講習会に参加することでお仕事の内容を身近に感じることができますね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0