This page:証券CFD

CMC Markets Japanの証券CFD4

CMC Markets Japanの証券CFDで行える注文を覚えるにあたって、指値注文と成行き注文に関しては、株取引を経験した人にはなじみのある注文方法なので、あまり苦にはならないでしょう。
しかし、次に挙げる注文は、もしかしたらあまり馴染みがないかもしれません。

まず、逆指値注文です。
これは指値注文とは逆の発想で注文を行います。
つまり、今の株価よりも高くなった時に買い、安くなった時に売るというものです。
この発想は、前者の場合は急騰をいち早く察知しての購入、後者はロスカット、つまり損切りという考えの元で注文を出す場合がほとんどです。

逆指値注文を出す場合の例を挙げてみましょう。
現在株価が1,300円の銘柄を持っているとします。
この銘柄が今後どういう動きをするかはわからないものの、できる限り急落で大損するのは避けたいと思うのが人情ですよね。
そこで、1,250円以上下がった場合に、自動的に売ってくれるような注文を出すのです。
こうする事で、最悪1,200円くらいまで急落してしまった場合でも、1,250円で売る事ができ、損失は最小限で食い止められます。
逆指値注文は、これが可能なのです。

また、CMC Markets Japanの証券CFDではIFD注文、OCO注文も可能です。
これらはFXを扱ったことのある人にはおなじみの注文でしょう。

IFD注文は、買い注文と売り注文を同時にできる注文方法です。
例えば、現在1,200円の銘柄を、1,180円で買い、1,250円で売りたいとします。
その場合、通常は指値注文で1,180円の買い注文を出し、その後購入できたら改めて1,250円の売り注文を出す必要があるのですが、IFD注文だと、その両方を同時に注文できます。
日中家にいないサラリーマンにとってはありがたいですね。

OCO注文も、二つの注文を同時に行えます。
例えば、1,200円の所持銘柄に対し、できれば1,250円で売りたいけど、急落して大損するのは嫌だから1,180円まで落ちたら売りたいと思っている人は、1,250円での売り、1,180円での売りの二つの注文を同時に出せるわけです。
指値注文と逆指値注文のコンビネーションといったところです。

証券CFDは、こう行った注文をうまく扱う事が鍵となります。

証券CFDという言葉を耳にする機会がない今、証券CFDについて先んじて学んでおくことは、将来必ず役に立ちます。 証券CFDについて造詣を深め、来るべきブレイク期に備えましょう。 まず、CFDについてご説明しましょう。 CFDとは、「Contract For Difference」の略です。 Cont…
証券CFDという言葉自体は、はっきり言ってまだまだ無名に近い状態です。 実際問題、知る機会がないというのが実情でしょう。 というのも、まだ国内でこの取引を扱っている会社が二つしかないからです。 これでは、一般人の耳に届くことはないでしょう。 しかし、何事も最初はそんなものです。 FXも、発足当初は「…
およそ20年前、日本はとても裕福でした。 銀行に預けているだけで資金はどんどん増えていき、わずか数日で億万長者に上り詰める投資家も少なからずいました。 お金を増やすには、ただ待っているか、少しのリスクを背負うだけ。 そんな時代は、確かにありました。 しかし、20年後の現在、それは完全に過去の異物とな…
証券CFDで取引ができる国内の銘柄の225のうち、最も有名どころが多く、身近なメーカーが固まっているのは、自動車かもしれません。 自動車メーカーのうち、日経225に参加しているのは、トヨタ、マツダ、日産自、スズキ、いすゞ、本田技、三菱自、富士重、日野自といった面々です。 家庭に自動車かバイクがあるな…
国内の銘柄のうち、証券CFDで取り扱いができるのは、日経225の銘柄だけです。 だけ、と言っても、非常に有名な銘柄ばかりなので、選ぶのに一苦労するくらいだと思われます。 例えば、化学の分野だと、旭化成、花王、資生堂、昭和電工、住友化学、日産化学、三井化学などが挙げられます。 花王や資生堂がこの分野に…
証券CFDで取り扱われている国内の銘柄は、225銘柄に上ります。 この225という数字にピンと来る人は、株式投資の経験有り、なのではないでしょうか。 そうです。 日経225の銘柄です。 日経225というのは、日経平均株価を出すために、東証一部に上場している1700銘柄の株式の中から選定された、流動性…
証券CFDの取引を始めるにあたって、知っておきたい事のひとつに、取り扱っている銘柄の国と数が挙げられるのではないでしょうか。 日本の銘柄では、どのくらいの数の銘柄が証券CFDで取引可能なのか、他の国はどうなのか、という事を知っておくに越した事はありませんよね。 証券CFDで現在取り扱われている銘柄は…
証券CFDの特徴のひとつとして、まだ日本では知られておらず、海外では主流になっている金融商品であることを外す訳にはいきません。 これについては、既に別の項で語っている通り、まだ日本で知られていないため、今勉強しておくと後で流行った時に有利という点が大きな特徴となりますが、同時にまだ未開拓の商品である…
証券CFDの特徴のひとつとして、スワップ金利がもらえる点も挙げられます。 スワップ金利とは、国の異なる2種類の通貨を売買する際に生じる金利差の事です。 たとえば、1ニュージーランド(豪)ドル=100円の時に100万円で1万豪ドル買ったとしましょう。 日本円の金利は0.5%、豪ドルの金利が7%だとしま…
株式投資などの資産運用を行っている人にとって、不況、日経平均の下落は最大の敵といえるでしょう。 しかしながら、それを利用して設ける方法もあります。 それが、空売りと呼ばれるものです。 空売りとは、現在は持っていない株を売る事からそう呼ばれています。 と、こう書くと何に事やらさっぱりですよね。 しっか…
証券CFD、と一言で言われても、またそれがポストFXだと言われても、いまひとつピンと来ない人も多いかと思います。 実際、どういった点に特徴がある金融商品なのかがわからなければ、試しに購入してみよう、口座を作ってみようという気にはなれないでしょう。 そこで、ここからは証券CFDの特徴について、いくつか…
ひまわり証券の証券CFDには、しっかりした取引ルールが確立されています。 証券CFDを行うにあたって、証券CFD取引とはどのようなものなのか、このルールを学ぶ事で大分把握できるかと思います。 まず、取引単位ですね。 取引を行う上で、1回で取引できる最低の単位のことです。 株式CFDの場合は、1株もし…
証券CFDを国内で取り扱っている証券会社は、今のところ二つだけです。 その内のひとつが、「ひまわり証券」です。 ひまわり証券は、2002年に設立したばかりのまだ新しい証券会社です。 だからこそ、他の証券会社との差異を測る上で証券CFDを取り扱うことにしたのでしょう。 ひまわり証券が証券CFDを取り扱…
資産運用、金融商品の購入を行い、株などの取引を行うという人の多くは、日中は会社に出かけているサラリーマンの方だと思われます。 最近は主婦の方もかなり増えているようですが、経済的な面から考えても、サラリーマンがかなり多くを占める事は間違いありません。 そんなサラリーマンの方は株式投資を行う場合、どうし…
証券CFDでアメリカの銘柄の取引を行いたい場合、いつからいつまで証券CFDの取引が可能なのでしょうか? 日本国内の銘柄の場合は、証券取引所によって多少の違いはありますが、9時?15時の間となっています。 それに対し、アメリカの証券所の場合は、日本時間で大体23時?6時の間となっています。 時差がある…
証券CFDで取引を行う場合、海外の銘柄を扱うケースが多くなると思います。 海外の銘柄を扱う場合に注意しなければならないのが、その銘柄を取引できる時間帯です。 どの国の銘柄を扱うかによって時間帯は変わってくるので、確実に覚えておきましょう。 とはいっても、嫌でも直ぐに覚える事になるので、特別な意識は要…
株取引など、国内の銘柄を扱う金融商品においては、基本的に国内の証券取引所が開いている時間帯のみの取引となります。 最近は夜間取引を扱う証券会社が増えてきましたが、まだ普及とまでは言いがたく、閑古鳥が鳴いている銘柄も多く、あまり活発な取引は行われていません。 よって、株取引を行っているサラリーマンは、…
証券CFDによって取り扱いが可能な銘柄の分野として、電気やガスのメーカーもいくつかあります。 まず電気に関しては東京電力、中部電力、関西電力です。 日ごろお世話になっている電気会社ですね。 また、ガスに関しては東京ガス、大阪ガスの二つです。 こちらもお世話になっている人が多いのではないでしょうか。 …
CMC Markets Japanの証券CFDにおいて行える注文方法は複数あります。 自分がどういった状況で買い方、売り方をしたいのか、しっかりと把握した上で、どういう注文を選択するか選ぶことができれば、良い取引ができるでしょう。 ここでは、CMC Markets Japanの証券CFDでどのような…
証券CFDで取り扱い可能な銘柄は、交通関連も多くあります。 まず鉄道、バスの会社だと、JR東日本、IR西日本、東急、東武、小田急、京王、京成画該当します。 日ごろ使用しているところかと思うので、とても身近に感じられる銘柄と言えるでしょう。 この辺りの国内の交通は、長い目で見てもそう大きく価値が変わる…
証券CFDを扱っているひまわり証券とこのCMC Markets Japanを比較する場合、最初に目に付くのはやはり手数料でしょう。 手数料がいくらかで証券会社を決める人も多いので、当然チェックを入れる人はかなりの数に上ります。 では、CMC Markets Japanにおける証券CFDの手数料はいく…
国内で証券CFDを取り扱っている証券会社は、今のところ、ひまわり証券と、このCMC Markets Japanの2つです。 よって、当然この二つの証券会社の中から選ぶことになります。 そうなれば、やはり嫌でも比較せざるを得ないですね。 CMC Markets Japanは、1989年に外国為替のマー…
ひまわり証券の証券CFDでは、リスク管理がしっかり行われています。 このリスク管理がない証券会社は、かなり危ないと言えます。 というのも、急激に株価や指数が下落した場合、仮にパソコンの前にいても気が付かないなどという事は、十分ありえます。 他の情報等を閲覧していたり、別の作業をしていると、そうなりや…
今度は、限月CFDの取引例についてご紹介しましょう。 ひまわり証券の証券CFDで取扱う限月CFDの銘柄は14ありますが、その中のダウ株価指数先物 5$ミニ 3月限(Dow Jones 5$ min 3月限)を扱った例として紹介します。 Cさんは、ダウ株価指数先物が今後さらに落ちると読み、2月10日の…
今度は、証券CFDの株式CFDで、売りスタートの注文を行った場合の実例を挙げてご説明しましょう。 ここでも公式ページに倣い、ソフトバンクの株を空売りした例を扱います。 ただし、数字は少し変えてあります。 Bさんは、2月20日にソフトバンクの株を空売りしました。 その際、株価は2010円、売った株は2…
ひまわり証券では証券CFDについて、実際に取引を行う場合についての損益計算が、細かく説明されています。 実例を取り上げて説明しているので非常にわかりやすいです。 ここでは、証券CFDの取扱い例についてご紹介しておきます。 まず、証券CFDで株を扱う株式CFDについての損益計算です。 株式CFDの場合…
ひまわり証券の証券CFDにおいて、株式を扱う場合、その銘柄でレバレッジが何倍まで可能なのかを把握しておかないと、自分がどれだけの金額を投資できるのかわかりませんよね。 ひまわり証券では、その銘柄のリスクレベルによって、最大レバレッジの倍率が決まります。 よって、証券CFDの取引を行うには、銘柄のリス…
証券CFDでは、レバレッジを採用した取引が行われます。 つまり、証拠金取引ですね。 自分の所持金以上の取引額を扱う事ができます。 ひまわり証券の証券CFDの場合、株式CFDのレバレッジは最大で20倍となっています。 つまり、所持金の20倍の金額の取引が可能ということです。 ただ、全ての銘柄に対し20…
CMC Markets Japanの証券CFDで行える注文を覚えるにあたって、指値注文と成行き注文に関しては、株取引を経験した人にはなじみのある注文方法なので、あまり苦にはならないでしょう。 しかし、次に挙げる注文は、もしかしたらあまり馴染みがないかもしれません。 まず、逆指値注文です。 これは指値…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0