This page:証券CFD > 証券CFDの特徴1

証券CFDの特徴1

証券CFD、と一言で言われても、またそれがポストFXだと言われても、いまひとつピンと来ない人も多いかと思います。
実際、どういった点に特徴がある金融商品なのかがわからなければ、試しに購入してみよう、口座を作ってみようという気にはなれないでしょう。
そこで、ここからは証券CFDの特徴について、いくつか述べていきたいと思います。

まず、証券CFDの最大の特徴は、取り扱われているほとんどがレバレッジ商品である事です。
レバレッジ商品とは、信用取引など、自己資本以上の投資を行って購入する商品です。
つまり、自分の予算がそれほどなくても、取引が可能というわけです。
よって、証券CFDにおける取引は、小額の資金しかなくても十分行えます。

ただ、これは大きな特徴であると共に、大きな長所にも短所にもなりえます。
手持ちが少なくても、高額の取引ができる反面、大きなマイナスになってしまった場合は問答無用で借金を背負う事になります。
持ち合わせ以上のマイナスが発生する可能性を秘めているわけです。
よって、よりハイリスクハイリターンといえます。

ただ、レバレッジ商品は、ロスカットさえしっかり行う事ができれば、そこまで大きな損害を被るケースには発展しません。
自己管理ができるかどうかが重要という事です。
そういう意味では、証券CFDは経験者向けの金融商品といえるかもしれませんね。
特に、FXをやっていて、どうも為替より株式や証券のほうに興味があるな、という人には最適な資産運用といえるでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0