This page:証券CFD > ひまわり証券の証券CFD2

ひまわり証券の証券CFD2

ひまわり証券の証券CFDには、しっかりした取引ルールが確立されています。
証券CFDを行うにあたって、証券CFD取引とはどのようなものなのか、このルールを学ぶ事で大分把握できるかと思います。

まず、取引単位ですね。
取引を行う上で、1回で取引できる最低の単位のことです。
株式CFDの場合は、1株もしくは1倍が取引単位となります。
限月CFDの場合、指数、証券共に銘柄によって異なるので、銘柄ごとのチェックが必要です。
例えば、日経225先物の場合、取引単位は1000倍となります。
このほか、GLOBEX取引所の「Nikkei 225 Stock Average Index」の場合は5倍、「E-mini Russell 2000」の場合は100倍、SGX-DT取引所の「10 Year US T-Notes Composite」は10万倍、SGX-DT取引所の「Mini JGB Future」は1000万倍、などといった具合になっています。

ひまわり証券の限月CFDで扱われるのは、上記の物を含む5つの取引所の14の先物銘柄です。
これらの取引単位は全て把握しておきましょう。

取引時間も、先述したとおり、証券取引所のある国によって異なります。
日本だと9?15時、ヨーロッパだとおよそ17時?1時30分、アメリカだとおよそ23時30分?6時となっています。

ただ、同じヨーロッパでも、フランスは1時25分で締めとなるので、この辺りはしっかり注意しておきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0