This page:証券CFD > 証券CFDの取引を行える時間帯2

証券CFDの取引を行える時間帯2

証券CFDで取引を行う場合、海外の銘柄を扱うケースが多くなると思います。
海外の銘柄を扱う場合に注意しなければならないのが、その銘柄を取引できる時間帯です。
どの国の銘柄を扱うかによって時間帯は変わってくるので、確実に覚えておきましょう。
とはいっても、嫌でも直ぐに覚える事になるので、特別な意識は要りません。
ただ、最初の取引でいつまで取引可能なのか知らずに、誤って持ち越した結果、大きな損をしてしまったなんてベタな例はいくらでもあります。
証券CFDを始めるにあたって、その辺りはしっかり注意しておきましょう。

まず、日本の銘柄を扱う場合ですが、これに関しては基本的に国内の株式を行うのと同じ時間帯です。
ですので、東京証券取引所に上場している銘柄の場合は9時?15時の間、大阪証券取引所の場合は9時?15時10分(一部8時50分から可能)、名古屋証券取引所では9時?15時30分が取引可能な時間帯です。
なお、11時?12時30分は休憩時間なので取引はできません。

ここでポイントとなるのは、証券CFDだからといって、国内の銘柄でも24時間取引可能問い訳ではない、という事です。
証券CFDは24時間取引可能だから、日本の銘柄でもそうなんだ、と思っている方が結構いるようなので、その認識はここでしっかり改めておいてください。

国内、国外と、それぞれの国によって、取り扱いが可能な時間が違う、というのが、大きな特徴と言えます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0