This page:証券CFD > 証券CFDで取り扱われる銘柄2

証券CFDで取り扱われる銘柄2

証券CFDで取り扱われている国内の銘柄は、225銘柄に上ります。
この225という数字にピンと来る人は、株式投資の経験有り、なのではないでしょうか。
そうです。
日経225の銘柄です。

日経225というのは、日経平均株価を出すために、東証一部に上場している1700銘柄の株式の中から選定された、流動性の激しい225銘柄のことです。
この225銘柄の平均が、日経平均株価なのです。
つまり、ニュースで毎日流れる日経平均株価とは、この日経225の銘柄の平均株価なんです。

そして、証券CFDで取り扱われている国内の銘柄は、そのままこの日経225の銘柄です。
では、どのような銘柄があるか、代表的なものをいくつか紹介しましょう。

まずは電気機器から。
NEC、ソニー、富士通、松下、シャープ、三洋電機、松下、日立、東芝、京セラ、三菱などです。
言わずと知れた、国内で有名な電気機器メーカーは全て含まれていると言って良いでしょう。

次に建設です。
大成建設、大林組、清水建、熊谷組、大和ハウス、積水ハウスなどが該当します。
CMなどでよく見かける大手企業なので、名前を知っている人も多いでしょう。

食品メーカーは、かなり身近な存在なので、ほとんどが聞いた事あるメーカー
だと思います。
日清製粉グループ、明治製菓、明治乳業、サッポロHD、アサヒ、キリン、キッコーマン、味の素、JT、日本ハムなどです。
ビール関係が目立ちますね。

身近にある銘柄を証券CFDで選ぶというのも、金融取引の楽しさのひとつと言えます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0