This page:証券CFD > ひまわり証券の証券CFD3

ひまわり証券の証券CFD3

証券CFDでは、レバレッジを採用した取引が行われます。
つまり、証拠金取引ですね。
自分の所持金以上の取引額を扱う事ができます。

ひまわり証券の証券CFDの場合、株式CFDのレバレッジは最大で20倍となっています。
つまり、所持金の20倍の金額の取引が可能ということです。
ただ、全ての銘柄に対し20倍というわけではありません。
ひまわり証券の株式CFDのレバレッジは、ひまわり証券の規定資産基準によって設定されています。
その規定資産基準は、口座に入金している額の規模と、銘柄ごとに設定されているリスクレベルによって決まります。

所持金が200?1000万円の場合は、リスクレベル1だと10倍、以降2だと5倍、3だと3.3倍、4だと2倍、5だと1.25倍、6だと1倍です。
所持金が200?1000万円の場合は、リスクレベル1?2だと10倍、3だと6.6倍、4だと4倍、5だと2倍、6だと1倍です。
所持金が5000万円以上の場合は、リスクレベル1だと20倍、2だと10倍、3だと3.3倍、4だと2倍、5だと1.25倍、6だと1倍です。

よって、レバレッジが20倍となるのは、口座に5000万円以上入れていて、なおかつリスクレベル1の銘柄を取り扱う場合のみです。

基本的には、証券CFDの10倍以下と考えていた方が良いかもしれません。
ただ、これはリスク管理のために必要な処置です。
レバレッジが高すぎると、あっという間に借金を作ってしまいかねませんから。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0