This page:証券CFD > 証券CFDの取引を行える時間帯3

証券CFDの取引を行える時間帯3

証券CFDでアメリカの銘柄の取引を行いたい場合、いつからいつまで証券CFDの取引が可能なのでしょうか?
日本国内の銘柄の場合は、証券取引所によって多少の違いはありますが、9時?15時の間となっています。

それに対し、アメリカの証券所の場合は、日本時間で大体23時?6時の間となっています。
時差があるので、キリの良い時間というわけではありません。

23時?6時という時間帯は、サラリーマンにとっては結構厳しい時間帯ですね。
大半の時間が、既に寝ている時間となりますから。
ただ、上手く時間を合わせることで、有効な取引が可能です。

というのも、株取引というのは、開始から10分と終了までの10分が最も取引が活発になります。
よって、23時からの何十分かで取引を行い、そこで寝て、6時前に起きてまた取引をする、というような生活のリズムを作れば、健康にも良いですし、活発な取引の中で売買が可能となります。

アメリカの銘柄を取引すると、夜更かししがちですが、こう行った感じで行えば、非常に規則正しい生活が遅れるでしょう。

また、CMEと呼ばれるアメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所では、日経平均先物も扱っているので、国内の銘柄の取引を行っている人にとっては、とても有利に取引が進められるでしょう。

日本時間では既に取引が行われていない状況で、日経平均の動きがわかるので、翌日の朝同意種動きでスタートするかがすごくわかりやすいのです。

こういった点も証券CFDの特徴なので、しっかり利用できるようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0