This page:証券CFD > 証券CFDの取引を行える時間帯4

証券CFDの取引を行える時間帯4

資産運用、金融商品の購入を行い、株などの取引を行うという人の多くは、日中は会社に出かけているサラリーマンの方だと思われます。
最近は主婦の方もかなり増えているようですが、経済的な面から考えても、サラリーマンがかなり多くを占める事は間違いありません。

そんなサラリーマンの方は株式投資を行う場合、どうしてもリアルタイムでの株取引は難しくなってしまいます。
昼休みが13時くらいまである会社なら、12時30分?13時の間だけでも会社で株取引ができるかもしれない、という程度です。

朝に注文を出してとある銘柄を買って、帰ってきてからその結果を見る、というのは、注文方法が充実してきた現代であっても、リスクは大きいかと思います。

それに対し、証券CFDの取引では、サラリーマンが取引を行うのにうってつけの株があります。
それは、ヨーロッパの株です。

ヨーロッパで取引が行われる時間帯は、日本時間の17時?1時くらいです。
まさにサラリーマンのための株といえるくらい、ぴったりの時間帯ですよね。
証券CFDで株取引を行う場合は、多くの日本人がヨーロッパの株に注目するかと思います。

証券CFDで扱われる株の多くは、海外の銘柄です。
ヨーロッパの銘柄も当然数多くあります。
国内株式で取引をするのとそれほど変わらない感覚で取引ができるのは、とても大きいメリットと言えるでしょう。
ただ、その銘柄がどういった銘柄なのかという情報を集めるのは、国内の銘柄を選ぶ上で情報を集めるよりも難しいかもしれません。
その辺りはしっかり考慮したうえで、ヨーロッパの銘柄を選んで見ましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0