This page:証券CFD > 証券CFDで取り扱われる銘柄5

証券CFDで取り扱われる銘柄5

証券CFDで取り扱い可能な銘柄は、交通関連も多くあります。
まず鉄道、バスの会社だと、JR東日本、IR西日本、東急、東武、小田急、京王、京成画該当します。
日ごろ使用しているところかと思うので、とても身近に感じられる銘柄と言えるでしょう。
この辺りの国内の交通は、長い目で見てもそう大きく価値が変わるものではないので、証券CFDで狙うには、それなりのコツが必要なのではないでしょうか。

他にも、交通分野には陸海空があります。
陸運では日通とヤマト運輸です。
ペリカンとクロネコですね。
海運では、日本郵船、商船三井、川崎汽船の三つです。
そして空運では、全日空とJALです。
いずれも有名どころばかりですね。

海運、空運は海外の市場の影響を大きく受けます。
やはり、輸出入が主だったところになるので、その辺りのチェックは常にしておく必要があるでしょう。

情報通信の分野も、証券CFDでは扱われています。
NTT、NTTデータ、ドコモ、KDDI、スカパーJSATの5つです。
やはり国内の通信と言えば、NTTが最も有名ですね。
携帯電話がこれだけ普及している事もあり、ドコモ、KDDIもしっかり名前を連ねています。

あとは、サービス関連に有名な銘柄が証券CFDでは良く取り扱われています。
特に有名なのは、映画会社の代表として東宝、スポーツの代表の東京ドーム、あらゆるメディアを代表して電通、ゲーム業界最大手のコナミ、インターネット関連の代表ヤフー、警備関連サービスの最大手セコムといったところです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0