This page:証券CFD > ひまわり証券の証券CFD6

ひまわり証券の証券CFD6

今度は、証券CFDの株式CFDで、売りスタートの注文を行った場合の実例を挙げてご説明しましょう。
ここでも公式ページに倣い、ソフトバンクの株を空売りした例を扱います。
ただし、数字は少し変えてあります。

Bさんは、2月20日にソフトバンクの株を空売りしました。
その際、株価は2010円、売った株は200株です。
この後、株価は下落し、一週間後には1900円となりました。
ここでBさんはソフトバンクの株を200株買い、利益確定を行いました。

この際の計算は以下の通りとなります。

差損益金額=(2,010円?1,900円)×200株?0円?(500円×2)=21,000円

この場合、売りスタートではあるものの、日本の場合は低金利のため、金利が発生しないケースとなります。
また、基準値となる100万円以下の取引のため、ミニマムチケットフィーが発生します。
この場合、売りと買いを一回ずつ行っているので、500円×2=1,000円の手数料が発生したというわけです。

証券CFDにおいて、日本の株を取り扱うと、中々金利が得られないので、ややうまみが少ないように思います。
その分、情報は手に入れやすいので、空売りができる事も踏まえると、利益を出しやすい環境ではあります。
逆に海外の株は、金利で設けやすいものの、情報が上手く仕入れられないケースがあります。
そういった折り合いを考えつつ、証券CFDでどの国の銘柄を取り扱うか、じっくり考えてみてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0