This page:証券CFD > 証券CFDで取り扱われる銘柄6

証券CFDで取り扱われる銘柄6

証券CFDによって取り扱いが可能な銘柄の分野として、電気やガスのメーカーもいくつかあります。
まず電気に関しては東京電力、中部電力、関西電力です。
日ごろお世話になっている電気会社ですね。
また、ガスに関しては東京ガス、大阪ガスの二つです。
こちらもお世話になっている人が多いのではないでしょうか。
非常に安定した銘柄なので、リスクの少ない取引が期待できるでしょう。

他には、商社も証券CFDでは扱えます。
商社が大企業ばかりなので、こちらも安定した取引が期待できます。
証券CFDで取り扱い可能な商社は、伊藤忠、ソフトバンク、住友商、三菱商、丸紅、三井物、豊田通商、双日HDです。

ソフトバンクは携帯メーカーとして有名なのですが、分野としては商社に含まれます。
携帯電話以外にも様々な分野を手がけているからですね。

証券CFDで取り扱い可能な日経225の銘柄は、流動性が高く、活発な取引が行われている銘柄ばかりです。
ですが、イコール株価が急激に変動しているというわけではありません。
基本的には、非常に小さい値幅の間を何度も何度も行き来しているという銘柄が多いように思えます。
ドコモなどはそれが顕著で、最近は主に15万円前後で、例えば一日の間に15万と15万1000円の間を何百回も行き来している、などといった感じです。

ですので、流動的とは言っても、必ずしも値動きが激しいわけではなく、あくまで取引が活発に行われているということです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0