This page:証券CFD > 証券CFDとは

証券CFDとは

証券CFDという言葉を耳にする機会がない今、証券CFDについて先んじて学んでおくことは、将来必ず役に立ちます。
証券CFDについて造詣を深め、来るべきブレイク期に備えましょう。

まず、CFDについてご説明しましょう。
CFDとは、「Contract For Difference」の略です。
Contractは「契約書」「合意書」などの意味があります。
Differenceとは「相違」「差」という意味ですね。
よって、この言葉の意味は、買値と売値の差額「Difference」に関しての現金決済をする為の契約「Contract」となります。

少し具体的に述べると、証券CFDとは、国内外における株式、株価指数、株価指数先物、そして債券先物を対象にした「証拠金」の差金決済取引です。
FXが外貨を扱って差金決済取引を行うのに対し、証券CFDは株式や債券を扱う取引となっています。
証券CFDがポストFXと呼ばれているのはこの為です。
証券CFDとは、株式、債券のFXと言っても過言ではないのです。

この証券CFD、日本では非常に知名度の低い状態ですが、すでにヨーロッパを中心とした海外の投資家の間ではメジャーな投資商品となっています。
ロンドンに至っては、全金融商品の取引の30%が、この証券CFDなのです。
これで、証券CFDが確実にブレイクする理由がお分かりになったかと思います。

日本は、海外ですさまじく盛り上がった流行を数年遅れてから流行らせる傾向が顕著です。
その例に倣えば、証券CFDは今年から来年にかけて、必ず流行となるでしょう。
すでに海外で普及しているということは、投資家にとっても有益な取引であるということです。
それが日本でだけ流行らない理由はありません。
CFDとは、既にブレイクが確約された金融商品なのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0