This page:証券CFD > 証券CFDの今

証券CFDの今

証券CFDという言葉自体は、はっきり言ってまだまだ無名に近い状態です。
実際問題、知る機会がないというのが実情でしょう。
というのも、まだ国内でこの取引を扱っている会社が二つしかないからです。
これでは、一般人の耳に届くことはないでしょう。

しかし、何事も最初はそんなものです。
FXも、発足当初は「何だそれ?」状態でした。
イチローだって、オリックスに入団した際は無名でした。
知名度は、すぐにはあがりません。
徐々に徐々に、その内容が口コミで浸透していくのです。

資産運用が多様化してきた現在、どの資産運用がベストなのかというのは、誰にもわかりません。
すべてにリスクがあり、億万長者への道が開けています。
ただ、リスクを少なくして地道にコツコツ増やしたい人、一攫千金を狙いたい人という住み分けはしやすくなっています。
その中にあって、証券CFDの登場は大きなインパクトをもたらしています。
特に投資家の注目を集めているようですね。
彼らが今後どう動くかによって証券CFDの将来は変わってくるのですが、今の状況を見る限り、どう遠くない将来に、大きな革命が起こるかと思います。

現在、「証券CFD」で検索をかけると、Googleで67,000、Yahooで25,000のヒット数があります。
一方、外国為替証拠金取引だと、Googleで2,100,000、Yahooで10,800,000となっています。
その差は歴然です。
もちろん、これが今現在の両者の知名度の差だとは言いません。
これ以上の差があると思います。
逆に言えば、今がチャンスです。
証券CFDについて今から学んでおけば、いざブレイクしたときに有利に取引ができるでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0