This page:証券CFD > CMC Markets Japanの証券CFD3

CMC Markets Japanの証券CFD3

CMC Markets Japanの証券CFDにおいて行える注文方法は複数あります。
自分がどういった状況で買い方、売り方をしたいのか、しっかりと把握した上で、どういう注文を選択するか選ぶことができれば、良い取引ができるでしょう。
ここでは、CMC Markets Japanの証券CFDでどのような注文が可能かについてご説明します。

まず、株式投資ではおなじみとなる「指値注文」と「成行注文」です。
指値注文とは、値段を指定して行う注文の事です。
例えば、現在株価が1,100円の銘柄を1050円で購入したいという場合に使用します。
また、現在株価が1,200円の銘柄を1,250円で売りたいという場合にも使用します。
つまり、今の株価よりも安く買いたい、高く売りたいという場合に使う注文です。

一方、成行注文はというと、現在の取引状況での売買という事になります。
例えば、現在出ている売り注文で最も安いのが1,200円という場合に買い注文を出したら、直に1,200円で購入が可能となります。
ただし、あまりに値動きが激しい場合、成行注文を出したタイミングと同じ株価で売買ができる保障はありません。

証券CFDは、タイミングが命です。
いつどのタイミングで買い注文を出すか、あるいは売り注文を出すか。
それが掴めるかどうかで、損益の度合いが全く違ってきます。
例えば、1,000円と1,100円を言ったりきたりしている銘柄があった場合、1,010円で買って1,090円で売るというやり方は、有効のように思えます。
しかし、タイミングが悪いと、突然急騰、暴落する恐れもあります。
そうなると、折角の儲けチャンスを不意にしたり、大損してしまう恐れがあります。

証券CFDを扱う上で、注文は重要です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0