This page:CFD取引 比較

CFDとは何か

現在、新しい金融商品CFDが注目されています。
このCFDとは、どのような商品なのでしょうか。

CDFは、Contract For Difference の頭文字を取った名称で、日本語では「差金決済」と呼ばれます。
CDF取引は、1つの口座で金融商品に連動した複数の取引が行えるデリバティブ(金融派生商品)です。
このため、複数の口座を管理する必要がありません。
日本の株式だけでなく、世界の株式、ETF、株価指数先物など、様々な金融商品に連動するCFD取引を行うことができます。
そして、日本市場だけでなく、海外市場の商品の売買ができるため、24時間様々な取引ができます。
日本が夜であっても、NY証券取引所など外国の市場での取引もできるし、CME(GLOBEX)のように24時間開いている市場も利用できます。
CDFを取り扱っている会社の1つ、ひまわり証券ではCDF取引での取り扱い銘柄の数は5,000を超えています。

FX(外国為替証拠金取引)のように、CDF取引においても証拠金取引が行えます。
ひまわり証券の場合はレバレッジ最大20倍、つまり5万円あれば100万円の取引ができる仕組みです。
つまり、少ない金額で大きな取引も可能なのです。

このように様々な商品を扱う取引のため、取引に不安な消費者のためのデモツールを用意しているCFD会社もあります。
ひまわり証券やオリックス証券では、このデモツールを無料で利用できます。

手数料など証券会社によって違いがありますので、CDFを始めるにあたっては、どの会社を利用するのかをしっかり比較する必要があります。
また、仕組みが複雑なので、他の金融商品とも比較したうえでCDF取引を考えましょう。

CFD会社のリスク管理の中にマージンコールがあります。 このマージンコールとは、何でしょうか? マージンコールとは、CFD取引での損失額が証拠金の一定割合に達した、つまり証拠金が不足しているという警告です。 ひまわり証券では、証拠金利用率が110%になると1回目のマージンコールがあります。 証拠金利…
CFD取引では、様々な世界の指数に連動するCFD銘柄が扱われています。 ここでは、CFD取引で扱われている世界の指数をいくつか紹介しましょう。 ・DJIA Index(ニューヨークダウ平均) アメリカの市場を代表する株価指数です。 ニューヨーク証券取引所やナスダック(NASDAQ)に上場している世界…
2008年9月15日、アメリカの大手証券会社であるリーマン・ブラザーズがサブプライム・ローンの資金回収が困難になったことから経営破綻しました。 この破綻によって世界経済には大きな混乱が起こり、100年に1度の不況と呼ばれる状況に全世界が陥りました。 日本経済も株価が下がり、円高や不況による消費の冷え…
CFD会社が取り扱うCFD銘柄の取扱数や銘柄の種類には違いがあります。 CFD取引を始めるにあたって、各CFD会社の取り扱う銘柄数も比較の対象となります。 各CFD会社の取扱数を見てみましょう。 数字は2009年5月6日現在です。 CFD銘柄の名称は各CFD会社での名称です。 ・ひまわり証券 株式C…
近年、インターネットで株取引やCFD取引などを行える便利な時代となりました。 個人がインターネットを利用して取引を行うことで、人件費がかからなくなり手数料が安くなりました。 また、インターネットでの取引を扱う業者が増えたことで競って手数料が引き下げられたこともあり、インターネット取引は拡大していきま…
CFD取引には、株価指数や株価指数先物に連動したCFDの銘柄があります。 その中には日経225の先物指数も含まれています。 日経225は、日経平均株価のことで日本を代表する225銘柄の修正平均株価です。 取引には期限(限月)があり、3月・6月・9月・12月各月の第2金曜日の前日が取引最終日となります…
CFDはリスクのある金融商品です。 当然、元本割れの可能性があります。 相場の回復を待っていると手数料もかかりますし、損失がさらに増えるリスクもあります。 証拠金を超える損失が出る可能性もあります。 このため、損失を増加させない工夫が必要です。 許容できる損失の上限を設け、その商品の運用から撤退する…
銀行にお金を預けている場合には、万が一銀行が破綻した場合、預金保険制度によって預金が保護されます。 銀行は預金保険機構に保険料を支払い、銀行が破綻した場合、預金者には保険金が支払われる制度です。 これがペイオフと呼ばれています。 投資者の保護はどうなっているのでしょうか? 万が一、顧客の資産を返還で…
先物取引などで用いられるリスクヘッジの方法に買いヘッジ・売りヘッジという方法があります。 CFD取引においても必要な用語ですので、覚えておきましょう。 ヘッジ=回避の意味です。 つまりリスクヘッジとは、危険性をできるだけ排除しようとする方法という意味です。 先物取引では、商品の価格が値上がりすると予…
金融商品には、様々な法律の規制があります。 金融商品販売法もその1つです。 金融商品を規制する法律には金融商品取引法がありますが、これは規制する金融商品が有価証券やデリバティブなどに限られています。 一方、金融商品販売法は商品先物取引など一部を除き金融商品全体を規制する法律です。 CFD取引も金融商…
消費者契約法とは、消費者が事業者と交わす契約すべてに関して規制する法律です。 CFD取引に関する契約も当然含まれます。 消費者契約法において、下記における要因で消費者が契約した場合、その契約を取り消すことができます。 消費者が誤認していたと気付いた時点から6ヶ月、契約から5年が時効です。 1.不実告…
CFDをはじめ金融商品には様々な資金が損なわれるリスクがあります。 投資を行う際には、そのリスクを理解しておく必要があります。 ・価格変動リスク 価格の下落による損失が発生するリスクです。 株式や債券、先物取引やオプション取引にも価格変動リスクがあります。 CFD取引にもこの価格変動リスクは発生しま…
低金利の現在、金融商品規制緩和(=日本版金融ビッグバン)も伴い、日本は貯蓄から投資への環境へと変化しています。 新しい金融商品・サービスの提供により選択肢が増え、金融機関の間の競争によって手数料が引き下げられるなどの利点があります。 また、それらの金融商品やサービスを利用することで、大きな利益を得る…
CFD取引での利益には税金がかかります。 株式の口座では証券会社が投資家の代わりに納税手続きを代行する特定口座があります。 しかし、CFD取引の場合には、そのような制度がないので税金の申告が必要となります。 一定の額以上の収益があった場合の確定申告を忘れないようにしてください。 ただし給与所得者の場…
CFD取引には指数先物や商品先物、債権先物などに連動するCFDがあります。 つまり、このような取引方法を知っておかなければ先物のCFD取引ができない、ということです。 ここでは、先物取引について説明しましょう。 先物取引とは、ある商品を現時点で決めた価格で、将来の特定の日に取引することを約束するもの…
CFD取引で扱っているCFDの1つにETF CFDがあります。 ここではCFD取引を行ううえでの知識として、ETF(上場投資信託)とは何かを知っておきましょう。 ETFとは、Exchange Traded Fundの略です。 日経平均株価やTOPIXなどの株価指数や商品価格などと連動する投資信託です…
CFD取引は、証拠金を用いることで少ない金額で大きな額の取引ができるため、大きな利益を得る可能性のある取引です。 その反面、損失がでると投資金額以上の金額となる恐れがあります。 CFD取引のようにリスクの大きい取引では、たとえ損をしても生活に支障のない余裕資金で行わなければいけません。 損失を補填し…
CDF取引では、様々な金融商品に連動する取引が可能です。 つまり、この様々な金融商品の知識および取引経験がないと取引が行えません。 ひまわり証券のCFD口座開設基準では、株式現物取引6ヶ月以上の経験、もしくは株式の信用取引、先物取引、オプション取引、外国為替証拠金取引(FX)、商品先物取引、CFD取…
CFD取引では、買い注文から始める取引だけでなく、株の信用取引のように売りから始める取引もできます。 ここでは、CFD取引を行うにあたり必要な知識である信用取引について説明しましょう。 信用取引は一定の資金や株式などの委託保証金を担保にして、証券会社から株や資金を借りて株式の売買を行うものです。 そ…
CFD取引は、当日決済せずに翌日以降に持ち越すとオーバーナイト金利がかかります。 オーバーナイト金利は、金利、とだけ呼ぶ場合もあります。 翌日に持ち越さなければこの金利はかかりません。 注意が必要なのは、配当金調整額は買いボジションの場合に貰え、売りボジションでは支払うのに対し、オーバーナイト金利は…
金融商品にはCFDをはじめ様々な商品があります。 金融商品には、普通預金や定期預金などなじみの深いものから、投資信託やFXなどのように仕組みが複雑な商品など多くの種類があります。 消費者の中には、難しい仕組みであるにもかかわらず大きなリスクがあることを知らないまま、もしくは簡単に儲かるなどと勘違いし…
CFDは1つの口座で様々な金融商品に連動したCFDを扱っています。 ひまわり証券の例にすると、大きく分けて株式CFD・限月CFD・指数CFD、この3つのカテゴリーがあります。 株式CDFにおいて日本や海外の証券取引所で扱っている上場株式や海外ETFなどに連動する5,000銘柄以上のCDFを取引するこ…
CFDはデリバティブ(金融派生商品)です。 では、デリバティブとは何でしょうか? デリバティブとは、Financial Derivative Productsを略した呼び名です。 株式・金利・為替・債権・原油や金などの商品・通貨などの既存の商品(=原資産)から派生して生まれた取引です。 デリバティブ…
株式投資では、個別株を購入して権利確定日にこの株を保有していれば配当金をもらうことができます。 この配当は年1回の企業もあれば、年2回の場合もあります。 配当金だけでなく、株主優待が付く企業もあります。 この配当金や株主優待は株を保有する楽しみの1つでもあります。 現物を取引しないCFD取引では個別…
CFD取引には、様々な手数料がかかります。 この中で、一番気になるのはCFD取引における取扱手数料でしょう。 手数料の安いところを選びたいものです。 CFD会社を比較すると、この取扱手数料が無料である会社、取り扱う銘柄によって無料の銘柄と取扱手数料が発生する場合のある会社など、様々です。 では、取扱…
CFD取引は差金決済です。 差金決済とは、株式などの現物を持たずに売買の差額で決済することです。 株式の購入ならば、株を購入すると株を保有し、売却すると株を手放しますね。 その時、株の購入額が100万円、売却額が150万円であるとします。 購入時には証券会社から株を受け取って、証券会社に100万円支…
CFD取引は、市場を通さない相対(あいたい)取引で行われます。 この相対取引はOTCとも言います。 OTC=Over The Counter の略です。 東証などを通す一般的な株の売買など、取引所を通じての売買ではどの証券会社を通して購入しても同じ価格です。 一方、相対取引では、売主と買主が直接取引…
CFD取引では、レバレッジ効果を用いて少額で大きな額の取引や、大きな利益を挙げることが可能です。 この「レバレッジ」とは「てこ」の意味です。 てこは、小さな力で大きなものを持ち上げることができます。 同じように、証拠金を用いることでCFD取引は少額であっても大きな額の取引が可能になるのです。 このレ…
現在、新しい金融商品CFDが注目されています。 このCFDとは、どのような商品なのでしょうか。 CDFは、Contract For Difference の頭文字を取った名称で、日本語では「差金決済」と呼ばれます。 CDF取引は、1つの口座で金融商品に連動した複数の取引が行えるデリバティブ(金融派生…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0