This page:CFD取引 比較 > CDF取引において必要な知識 ? 株取引

CDF取引において必要な知識 ? 株取引

CDF取引では、様々な金融商品に連動する取引が可能です。
つまり、この様々な金融商品の知識および取引経験がないと取引が行えません。
ひまわり証券のCFD口座開設基準では、株式現物取引6ヶ月以上の経験、もしくは株式の信用取引、先物取引、オプション取引、外国為替証拠金取引(FX)、商品先物取引、CFD取引の経験が求められています。
つまりCFD取引は、このような取引経験者でないと取引は難しいということなのです。
株取引の知識は当然必要となります。

東京証券取引所などで行われている株取引においては様々な銘柄が日々、売買されています。
人気のある銘柄の株価は株式を買いたい人が多くなるので上昇します。
反対に、その銘柄の人気が下がるなどの理由で売りたい人が増えると株価が下がります。
これが株式の相場が上下する仕組みです。
安く買って高く売れると、大きな利益を得ることができます。
これがキャピタルゲインです。
株式は最低売買株数が銘柄別に決まっています。
1株で良い銘柄もあれば、1000株単位の購入が必要な銘柄もあります。
銘柄によって数万円で購入できるものもあれば、何百万円も必要な銘柄もあるのです。
しかし、CFD取引ではレバレッジ効果によって少額でこれらの銘柄に連動するCFD取引ができます。
どのような株式のCFDがあるのか、各CFD会社をよく比較してみましょう。
そして、各CFD会社のツールの使い勝手なども比較して、取引を行い易い環境を整えてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0