This page:CFD取引 比較 > CFDとは何か

CFDとは何か

現在、新しい金融商品CFDが注目されています。
このCFDとは、どのような商品なのでしょうか。

CDFは、Contract For Difference の頭文字を取った名称で、日本語では「差金決済」と呼ばれます。
CDF取引は、1つの口座で金融商品に連動した複数の取引が行えるデリバティブ(金融派生商品)です。
このため、複数の口座を管理する必要がありません。
日本の株式だけでなく、世界の株式、ETF、株価指数先物など、様々な金融商品に連動するCFD取引を行うことができます。
そして、日本市場だけでなく、海外市場の商品の売買ができるため、24時間様々な取引ができます。
日本が夜であっても、NY証券取引所など外国の市場での取引もできるし、CME(GLOBEX)のように24時間開いている市場も利用できます。
CDFを取り扱っている会社の1つ、ひまわり証券ではCDF取引での取り扱い銘柄の数は5,000を超えています。

FX(外国為替証拠金取引)のように、CDF取引においても証拠金取引が行えます。
ひまわり証券の場合はレバレッジ最大20倍、つまり5万円あれば100万円の取引ができる仕組みです。
つまり、少ない金額で大きな取引も可能なのです。

このように様々な商品を扱う取引のため、取引に不安な消費者のためのデモツールを用意しているCFD会社もあります。
ひまわり証券やオリックス証券では、このデモツールを無料で利用できます。

手数料など証券会社によって違いがありますので、CDFを始めるにあたっては、どの会社を利用するのかをしっかり比較する必要があります。
また、仕組みが複雑なので、他の金融商品とも比較したうえでCDF取引を考えましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0