This page:CFD取引 比較 > オーバーナイト金利

オーバーナイト金利

CFD取引は、当日決済せずに翌日以降に持ち越すとオーバーナイト金利がかかります。
オーバーナイト金利は、金利、とだけ呼ぶ場合もあります。
翌日に持ち越さなければこの金利はかかりません。
注意が必要なのは、配当金調整額は買いボジションの場合に貰え、売りボジションでは支払うのに対し、オーバーナイト金利は買いボジションの場合に支払って、売りボジションでは貰えるという点です。
また、必ずしも売りボジションでオーバーナイト金利が貰えるという訳ではないので注意してください。
逆に売りボジションでも金利を支払う場合もあります。

投資者が買い付けを行う場合、CFD会社は投資者に対して売りつけのための資金調達が必要になります。
その資金調達のために金利が発生するのです。

このオーバーナイト金利は、買いボジションの場合、基準となる金利+CFD会社の設定にする独自の金利、となっています。
基準となる金利は各国の政策金利である場合もありますが、CFD取引において多いのは、Libid(ロンドン銀行間ビッドレート)です。
売りボジションでは、基準となる金利?CFD会社の設定にする独自の金利です。
金利は日割り計算です。

この基準となる金利がCFD会社の設定にする独自の金利より低い場合、売りボジションでオーバーナイト金利が貰えません。
つまり低金利の状況では、売りポジションであっても金利は貰えないのです。
支払われない、とする会社もあれば、逆に支払いが生じると明記している会社もあります。
しっかり書面やWEB画面で詳細を確認し、わからなければ問い合わせて納得できるようにしてください。
説明のわかりやすさや対応も、CFD取引をはじめるにあたっての比較には大切です。

なお、このオーバーナイト金利は、CFDの種別によって先物などかからないものもあります。
複雑な仕組みですので、しっかりと商品内容を比較することを忘れないでください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0