This page:CFD取引 比較 > 金融商品のリスク

金融商品のリスク

CFDをはじめ金融商品には様々な資金が損なわれるリスクがあります。
投資を行う際には、そのリスクを理解しておく必要があります。

・価格変動リスク
価格の下落による損失が発生するリスクです。
株式や債券、先物取引やオプション取引にも価格変動リスクがあります。
CFD取引にもこの価格変動リスクは発生します。

・信用リスク
企業や金融機関などが信用力の低下によって経営破綻した場合に預金などが全額戻ってくる保証のないリスクです。
場合によっては、預けた資産が無価値になってしまいます。
信用力とは、債務の返済能力のことです。
CFD取引においても信用力のあるCFD会社との取引が重要です。
投資者から預かった証拠金をどのように分別管理しているかも把握しておきましょう。
さらに分別管理された資金が信託保全しているかどうかを調べておきましょう。
このように、CFD会社をしっかり比較して取引会社を決定する必要があります。

・為替リスク
為替レートの変動による損失です。
外貨預金、外貨建ての債権、外国為替証拠金取引(FX)などに為替リスクがあります。
CFD取引においても外貨建てのCFDがあるので、このリスクがあります。

・流動性リスク
必要な時にすぐに預けている資金が引き出せない、売却できないリスクのことです。
企業の経営状態の悪い時には、株式を売ろうと思っても売れないまま価値が下がってしまいます。

現在、CFD取引におけるクーリング・オフ制度はありません。
しっかりとリスクを知ったうえでの契約が必要となります。
取引におけるリスクの説明には必ず目を通し、比較・選択の判断材料としてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0